マガジンのカバー画像

海士町おすすめnote

36
ぜひぜひ読んでいただきたい「海士町に関するおすすめnote記事」です。
運営しているクリエイター

2021年6月の記事一覧

離島で気づいた、デザインとアートと米

こんにちは。やっと第2回目です!2回目の今回はわりとすらすら書けそうな気がします。やはり、初めの一歩って大きいですよね。1st ペンギンや月での一歩。踏み出すまでは大変だけど、踏み出しちゃえば意外と「なーんだ」って事がほとんどです。 転職だって、移住だって、2回目以降はたいした事ないですもんね、きっと。だから逆に1回目の経験って大事にしたいのかもしれませんね。 月に数回の不定期で書いていこうと思っていますが、少しずつ文章も上手くなればいいと思っています。今回もよろしくお願

スキ
13

生まれてからも、これからも、ずっと島前で。

島前地域で暮らす若者にスポットライトをあて、離島で暮らすことのリアルに迫る若者特集。記念すべき第1回目は、海士町で暮らす増谷実香さんにお話を伺いました。 増谷さんは、生まれてからずっと、人生の100%を海士町で過ごしています。選択肢が増えてもなお、島を選ぶ。増谷さんから見える島のかたちをお届けします。 島ってすることがいっぱいある ー島の好きなところはどこですか。 みんなでイベントを盛り上げる、人のつながりの深さが好きです。 住んでいる菱浦地区の青年部の活動に参加する

スキ
32

日本海に浮かぶ人口約2000人の島に生まれた出版社「海士の風」

島根沖に浮かぶ人口約2000人の町、海士町(あまちょう)。この町に「海士の風」という出版社があります。 なぜここで出版社なのか、代表の阿部さんと出版担当の萩原さんに話をお聞きしました。すると、出版は辺境から新たな知を生み出す「知恵づくりの場」という気になるワードが返ってきました。 プロフィール 阿部 裕志(あべ ひろし)  株式会社風と土と 代表取締役。愛媛生まれ愛知育ち。京都での大学生活でアウトドアや旅を楽しむ。トヨタ自動車で働く中で現代社会のあり方に疑問を持ち、20

スキ
101

ミニライブラリー巡り‐DAY1‐

はじめに 海士町内の26か所にミニライブラリー(分館)があることをご存じでしょうか。 それぞれのミニライブラリーの様子を知りたいといった要望があったので、 インターンの坪井が26か所を回って、noteでご紹介したいと思います。 ミニライブラリー(分館)の利用方法 ーーーーーーーーーーーーーー 今回は【菱浦地区周辺】を巡りました! ーーーーーーーーーーーーーー キンニャモニャセンター 海士町の玄関口で、フェリー乗り場、レストラン、売店、直売所「しゃん山」がある建

スキ
20

島を象徴するレストランとして、Entô Diningのすべてを島の総力戦で。

2021年7月1日にオープンする、島で唯一のホテル×ジオパーク施設のEntôでは、Entô Dining が併設されています。 Entôスペシャルインタビューの2回目は、ダイニングの調理を務めるマネージャーの阿部さんと、中山さんにお話をうかがいました。 ひときわ目を引く海を眺めながら島のコース料理を Entô Dining の特徴は、海を眺めながら季節のコース料理を楽しめるところです。内装はできるだけ無機質に、色味やトーンを抑えているそうで、余計なものが目に入らない空間

スキ
40

「#離島にもっと若者の還流を」noteは生まれかわります!!

こんにちは。大人の島留学生の清瀬りほです。大人の島留学・島体験の運営事務局で主に広報を行っています。 この度、大人の島留学noteは、「#離島にもっと若者の還流を」noteに生まれかわります!! 今までは、主に大人の島留学、島体験生の情報を掲載していましたが、これからは、隠岐島前地域で活動する若者の情報を発信していきます。 「#離島にもっと若者の還流を」ってなに? 「#離島にもっと若者の還流を」は、若者が離島で暮らすことを少しでも考えてみるために、島暮らしのリアルをお届

スキ
37