海士町みんなのnote

218
固定された記事
海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

17
キヨが機おりゃキンニャモニャ。

キヨが機おりゃキンニャモニャ。

~承久海道 キンニャモニャセンター~ これがこの島の玄関口・港そのものの名前です。1回聞くだけでは覚えきれないこの名前。「キンニャモニャ」島の老若男女誰もが唄えて踊れる民謡の名前です。8月のキンニャモニャ祭は島の熱狂のピークを迎えて、人口の約半分がこのキンニャモニャを1時間弱、踊り続ける。そんなこの島の象徴の民謡。 そんな島の原点とも言えるこの場所で今日は「島会議」が開催されました。”女性起業家による隠岐のインバンド戦略シンポジウム”という少し固めのお題目ではあったけれども

3
余白、という希望。

余白、という希望。

別館の解体作業が順調に進んでいる。少しずつ暖かくなってきているし、明後日からは、なんと・・・高速船がもう走り始める。いよいよ隠岐にも行き来しやすくなる時期が近づいてきた。研修に行っているスタッフも帰ってきたり、いよいよ研修の終わりが近づいてきているスタッフもいる中で、初めての気持ちでこの春を迎えようとしている。 この4月からは、隣で工事が続いている中でのホテル営業となる、という事実。普通ならばホテルの営業だけで言えばデメリットになりやすいのかもしれない。場合によっては工

12
壁と白い煙の向こう側。

壁と白い煙の向こう側。

山陰・隠岐は突然天気が変わる。ちょっと前に雪がようやく降ったと思ったら、10度を超えて、今朝は突風も吹く寒い1日だった。そんな中出勤すると、ホテルでは現場の最前線に立っていただいているパートナーの皆さんが、朝からいよいよ解体を本格化して頂いていた。白い息を吐きながら、白い雪がちらつく中で、緑水園から白い煙があがりはじめていた。 昼間、様子をのぞきにいくと、10年以上壁として見ていたものがなくなって、その先に島前カルデラが現れていた。僕が見てきた10年間、そして、ホテルの

2