マガジンのカバー画像

海士町みんなのnote

704
海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。
運営しているクリエイター

#図書館

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

スキ
32

新聞・雑誌のご案内(2022年度版)

(2022年7月情報) 海士町中央図書館では、図書館入ってすぐ左手に、新聞・雑誌コーナーがあります。 ファッション・ライフスタイル誌、農業やキャンプ、地域の情報誌、季節の料理や健康、ハンドメイドに関する雑誌など様々なジャンルの雑誌を揃えています。 あまマーレ分館やひまわりにも定期購読している雑誌があります。 2022年7月現在、以下の雑誌を購読しています。 ■政治・経済・ビジネス「週刊朝日」(週刊)、「AERA」(週刊)、「日経PC」(月刊)、「正論」(月刊)、「ソ

スキ
9

全ミニライブラリー開館情報!

2022年5月現在、島内に28カ所のミニライブラリー(町立図書館の分館)があります。(返却ポストは町内8カ所です!) それぞれ置いてある本のジャンルにも特色がありますよ。 ミニライブラリー(分館)ってどういう感じなの?という疑問にお応えして、解説します! ★過去記事:「島まるごと図書館構想」とは? ★分館マップ では、一か所ずつご紹介いたします。 ※掲載している電話番号は、施設の電話番号です。本に関するお問合せは、海士町中央図書館にお願いいたします。(08514-2-

スキ
8

【6/17・6/18】夜9時まで開館!ナイトライブラリー

6月17日 (金) と 6月18日 (土) の2日間は 夜9時まで開館しています。 お仕事終わりに本を読みながらゆったり… 図書館で梅雨の夜をたのしみませんか?  皆様のご来館を、お待ちしています♪

スキ
4

【大人の島体験生】図書館が実施する保育園の読み聞かせに同行しました

 海士町では ぽつぽつと紫陽花が咲き始め、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じます。こんにちは、大人の島体験生として教育委員会でインターン中の名取彩雲(なとりあやも)です。  5月中旬、けいしょう保育園で、海士町中央図書館の職員による出張読み聞かせが行われました。私は後ろからこっそり見学させていただきました。今回はその活動をレポートしたいと思います。 海士町中央図書館と教育委員会 海士町では、平成22年にはじめて図書館ができました。実は、町立図書館は町の教育委員会が管理

スキ
4

保々見地区で「本の宅配便」を行いました

みなさんこんにちは。 大人の島体験生として、教育委員会でインターン中の名取彩雲(なとりあやも)です。 5月中旬、保々見地区で行われた「本の宅配便」に同行してきました。 「本の宅配便」とは 海士町では、「島まるごと図書館構想」と題して、島内のあらゆる場所で本が借りられる仕組みがあります。 その取組の一つとして、教育委員会では2か月に一度行われる地区での健康相談に併せて、「本の宅配便」という移動図書館サービスを行っています。健康相談は健康福祉課、図書のセレクトは海士町中央図

スキ
18

あま図書館フェスティバル2021のお知らせ

2021年12月12日(日) 海士町中央図書館・開発センターにて、 「あま図書館フェスティバル2021」を開催します! この日のために、10月より実行委員の皆さんとともに企画をしてきました。 大人も子どもも楽しめる、盛りだくさんな内容です! 12月12日(日)は、ぜひ図書館へ遊びに来てください♪ ★午前の部10:00~12:00  家庭水田ミニフォーラム @和室 (先着20名) 10:30~11:00  ALTケルロイ先生のえいごde読み聞かせ @島民ホール 11:15~

スキ
10

第50回産業文化祭に参加しました!

11月19日(金)~21日(日)の3日間、 海士町の産業文化祭が開催され、図書館も参加しました! 産業文化祭は、海士町における秋の一大イベント! 図書館と隣接している隠岐総合開発センターでは、絵画や書道、短歌、陶芸、手芸作品、生け花などが展示されました。野外では有志による食べ物や雑貨の販売が行われ、野外特設ステージや島民ホールでは、子どもたちによる民謡や神楽のほか、住民の様々な特技が披露される芸能祭が行われました。ほかにも、畜産共進会、餅投げ、講演会やフォーラム、ふるさと検

スキ
4

出張図書館してきました!

11月3日ボランティア祭、11月6日まるどマーケット(あかね農園)での出張図書館の様子をご紹介します。 11月3日の文化の日に、海士町保健福祉センターひまわりにて、ボランティア祭2021が開催されました。 今年のテーマは「人と自然にやさしい/SDGs(エスディージーズ)」。 そこで、私たち図書館から「SDGs図書コーナー」を出展しました! SDGsがわかる本・雑誌、地球温暖化、エネルギー問題、ジェンダー、海洋プラスチックに関する本等、約120冊を集めてみました。 SD

スキ
17

ミニライブラリー巡り‐DAY3‐

海士町には、海士町中央図書館のほか、町内の各地にミニライブラリー(分館)があります。 ミニライブラリーとは、海士町に28か所ある、海士町内の人が集まる施設につくられた図書スポット。海士町中央図書館の「分館」と位置付けていて、海士町じゅうのあらゆる場所で本を読むことができます。 (最近、新たに海士郵便局と大漁・しゃん山が加わり、28か所になりました。) それぞれのミニライブラリーの様子を知りたいといった声があったので、数か所ずつnoteでご紹介しています。 ▼ミニライブ

スキ
11

将来の夢とは違っても。【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 連載企画「わたし、島で働く。」をお届けします! 今回は海士町中央図書館で働く坪井あかねさんにお話を伺いました。坪井さんはこれまで保健師を目指し進学し、勉強を続けていましたが、3ヶ月の「島体験」インターンシップでは、島の図書館の魅力に惹かれ勤務をしました。坪井さんがなぜ図書館で働いたのか、仕事に対してどう思っているのかをお話してもらいました! お話を聞いた人:坪井あかね(つぼい あかね)さん 20歳(取材当時)。静岡県出身。静岡県の大学に

スキ
19

英治出版×としょかんの棚。

海士町中央図書館では、来館者の方に「良い本が揃っていますね」と言っていただくことが多々あります。 その一つが、英治出版様からの寄贈本コーナー。 英治出版は、「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」をスピリットに、”著者を応援する”、”簡単に絶版にしない”出版をしている会社です。 「学習する組織」「ティール組織」「教えない授業」「イシューからはじめよ」等、この先もずっと読み続けられるであろうビジネス書や社会科学系の本を中心に様々なジャンルの書籍を発行し続けています。

スキ
14

レファレンスサービス(調査・研究のサポート)について

「この本はある?」 「●●について知りたいのだけど!」 「これが書かれた本ってある?」 そんな調べもののお手伝いをするのがレファレンスサービスです。 館内の資料を中心に情報提供することで、調査・研究のサポートを行います。 ●所蔵調査・所在調査 「この本は図書館にあるの?」という質問に対し、当館に所蔵があるか調査します。当館に所蔵がない場合は、他館の所蔵を調べます。 ●資料案内調査・文献案内調査あるテーマに対してどのような資料があるかを調査し、利用者が求めている情報が掲載

スキ
12

図書インターン日記③【Night libraryを開催しました!】

こんにちは、6月もあっという間に過ぎ、海士町に引っ越してから 3カ月が経ちました。 図書館でインターンしている坪井です。 ーーーーーーーーーーーーーー コロナ禍であるため対象を絞って感染対策徹底の元、 Night library(ナイトライブラリー:夜間開館)を行いました。 ・電子機器をおいて自分と本と向き合う時間を作りたい。 ・なかなか本を読む時間をとることができない。 ・時間的に平日の夜、お仕事の後に図書館に寄れない。 というような声をいただき、19:30-

スキ
7