マガジンのカバー画像

観光から関係へ。「オープンアイランド」

8
オープンアイランド。それは文字通り「島を開く」ということ。 さあ、もう閉じこもるのはやめよう。 島の暮らしに触れる、島の食に触れる、会いたかったあの人に会える。 私たちは今までに… もっと読む
運営しているクリエイター

#島根県

海士町でホットな話題をこれでもかと盛り込んでます!島に暮らす人と一緒につくる「また会いに行きたくなる2日間」を。

「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは7月の「島の当番」とオープンアイランド実行委員会が主催される7月のイベントについてご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! また、5月に実施した実際のオープンアイランドの様子についてはこちらをご覧ください! 7月の島の当番:旅館亭主×デザイナー7月は「チームなかむら旅館」と題して、島宿「お泊まりどころ なかむら」のご主人中村徹也さんと、そ

スキ
27

【5月のオープンアイランド】人と人とがつながっていく体験を。

5月22日(土)、23日(日)にオープンアイランドが行われました。 今回は島内に住む、主に大人の島留学生、島体験生が参加し、大人の島留学生である私も参加しました。初めての経験や、いろいろな方と携わる機会となった当日の様子をご紹介したいと思います! オープンアイランドとはオープンアイランドは、文字通り「島をひらく」ということで、「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトとしています。オープンアイランド実行委員会が主催しており、 テーマは「観光から『関係』へ」 島の

スキ
18

6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その1)

オープンアイランドとは? 「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは6月の「島の当番」をご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! 6月の当番!(豊田地区コンビ)6月の当番、1組目は和泉ちをりさんと長松久美さんのコンビでお届けします。 「みんなのばっば」こと和泉ちをりさんは島宿「和泉荘」の女将。みんなから慕われる頼れる存在です。 和泉ちをり。海士町出身。島宿「和泉荘」の2代目の

スキ
17

6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その2)

オープンアイランドとは? 「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは6月の「島の当番」をご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! 6月の当番!(御波地区チーム) 6月の当番、2組目は井筒佳和さん、永原馨さん、新立みずきさんの御波チームでお届けします。 「御波」と書いてなんと読むかわかりますか? おんなみ? ごは? 正解は「みなみ」です。御波は文字通り島の南側にある集落です。

スキ
13

島に暮らす人と一緒につくる「また会いに行きたくなる2日間」 〜6月のオープンアイランド〜

「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。6月に開催されるイベントについてご紹介します。 オープンアイランドとは?オープンアイランドとは、文字通り「島をひらく」ということ。ぜひ海士町へ来てください、と島をひらきます。新型コロナウイルスがなかなか落ち着かないこの状況で島をひらいていくことに多少の不安はあります。だからこそお互いに細心の注意を払いながらできる範囲でひらいていく。こんなときだからこそ、来島される方たちと共に創っていくような時

スキ
27

観光から関係へ。「オープンアイランド」という新しいコンセプトの旅を一緒につくりませんか。

「オープンアイランド」についてご紹介します。このイベントは、海士町で観光や教育に携わるみなさんのアイデアから生まれました。 ▼ 5/18追記:6/19 sat -20 sun 開催決定! オープンアイランドとはオープンアイランド。それは文字通り「島を開く」ということ。 さあ、もう閉じこもるのはやめよう。 島の暮らしに触れる、島の食に触れる、会いたかったあの人に会える。 私たちは今までにない観光の形をみなさんと一緒に作りたい。 開いた先に広がる景色を一緒に見ませんか? 私

スキ
56