ないものはない 海士町公式 note

教育の魅力化など様々な取り組みを推し進める【挑戦の島】海士町。島根県隠岐諸島に位置し人口は約2,250人。海・山・田畑のそろった自給自足のできる半農半漁の島です。2011年に【ないものはない】宣言。https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/
固定された記事
+10

9月の海士町  特集:島に移住してみませんか

こんにちは。 9月になり、緑だった田んぼが、金色に輝いています。稲刈りの時期になりました。 9月15日に撮影。記事を公開した9月21日には、稲刈りがだいぶ進んでいました…

+47

後鳥羽院遷幸八百年記念文化祭レポート「つながる800」

令和3年10月16日(土)に、後鳥羽院遷幸八百年記念大祭が隠岐神社で斎行されました。大祭後は記念奉納行事として、さまざまなプログラムが用意されていました。今回は…

  • 【島留学】みんなでつくる島家、いつでも還れる島家…
  • View of Ama(Japan, Oki I…
  • VLOG オープン前の島の 新しいホテルEnto…
  • 商品の画像

    【令和3年産新米!】ブランド米◆海士の本氣米 白米5kg定期便<特別栽培米>*お好きな頻度でお届け

    海士町のブランド米『海士の本氣米』の白米5kg 定期便です!お米のお届け頻度は「1ヶ月に1度」「2ヶ月に1度」「3ヶ月に1度」の中から、お好きな頻度をお選びいただけます。人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:コシヒカリ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥3,550
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【令和2年産】ブランド米◆海士の本氣米コシヒカリ おためし2合パック<特別栽培米>

    令和2年度産、海士町のブランド米「海士の本氣米」のコシヒカリ 2合(300g)パック!「本氣米はどんな味なのかな?」と気になる方におすすめ!少量からおためしできる真空パックタイプです。かわいいパッケージなので、贈り物にもおすすめです♪人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:コシヒカリ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥500
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【令和2年産】ブランド米◆海士の本氣米きぬむすめ おためし2合パック<特別栽培米>

    令和2年度産、海士町のブランド米「海士の本氣米」のきぬむすめ 2合(300g)パック!「本氣米はどんな味なのかな?」と気になる方におすすめ!少量からおためしできる真空パックタイプです。かわいいパッケージなので、贈り物にもおすすめです♪人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:きぬむすめ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥500
    島の直売所 しゃん山
  • もっとみる
+24

この採用は挑戦したい人のためのステージ。海士町長と半官半X特命担当課長による特別対談

日本初の取り組みである、海士町独自の働き方『半官半X』。これまで海士町noteでは、数回にわたりご紹介してきました。 今回は、海士町長と半官半X特命担当課長に、半官…

+7

うれしいダブル受賞!第13回観光庁長官表彰とふるさとチョイスアワード2021-未来につながるまちづくり部門大賞

海士町ではビッグニュースが2つありました。第13回観光庁長官表彰を受賞したことと、ふるさとチョイスアワード2021-未来につながるまちづくり部門で最高賞の大賞を受賞し…

+1

島前町村組合職員募集

隠岐広域連合では、島前町村組合職員の採用試験を実施しています。 ・・・・・ 受付期間令和3年 10 月 4 日(月)~    令和3年10月29日(金) 試験区分、採用予…

+4

島の未来を創る熱量に、「今」投資をすること。

海士町未来投資委員会が運営する海士町未来共創基金について、ご紹介します。 投資や基金と聞くと、少し固いイメージや難しそうなイメージがあるかもしれませんが、「島の…