ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑…

ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

マガジン

  • 海士町みんなのnote

    • 1,655本

    海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

  • 隠岐島前高校

    • 117本

    島根県立隠岐島前高等学校に関するおすすめの記事をまとめています。#隠岐島前高校 のタグなどで見つけたすてきな記事をご紹介しています。

  • 海士町教育委員会

    • 424本

    海士町教育委員会や海士町の学校教育に関する情報をまとめたマガジンです。

  • 海士人(あまじん)

    見どころ満載!島内で様々なことに挑戦されている海士町の「人」にフォーカスした記事をまとめました。

  • 海士町のふるさと納税 / 海士町未来共創基金

    • 71本

    海士町のふるさと納税と海士町未来共創基金(ふるさと納税を原資とした島の未来へつながる事業への投資と伴走)に関する記事を掲載しています

リンク

ウィジェット

最近の記事

  • 固定された記事

📌【総合案内】海士町(あまちょう)noteの歩き方

2021年から始まった海士町note。 「海士町ってどんなところ?」「観光に行く予定だけど何があるんだろう?」 数ある記事の中から、「これを知りたい!」にいち早く近づけるガイドブックとして、まとめてみました。 まずはここから、読んでみてくださいね。 こんにちは! 島根県に浮かぶ離島、人口約2,300人の島、「ないものはない」海士町です! こちらの記事では、海士町に関するさまざまな方が書いてくださったnoteをまとめたマガジンをご紹介します。 ボリューミーな記事の中から、

    • 村上家夜神楽に行ってきました!!👺

      2024年6月22日 村上家資料館で 〜神楽に親しむ短夜〜 村上家夜神楽が開催されました。 歴史ある隠岐島前神楽を鑑賞。 本記事では村上家資料館で開催された隠岐島前神楽・夜神楽当日の様子をお届けします。 ●隠岐島前神楽とは島根県隠岐諸島の島前3島で行われている神楽です。 社家と呼ばれる神楽師が伝承してきた神楽で、隠岐島前では江戸時代まで5社家ありました。 明治時代は一般の人も舞うようになり、近年では隠岐・島前神楽の保存会や同好会が発足しました。 島根県指定無形民俗文

      • 大人も子どもも親子でも!7/26㊎-7/28㊐ に、海士町の新しい役場に設置する家具づくりワークショップを開催!

        今年の秋に完成予定の「海士町の新しい役場」では、新品ピカピカの家具を買うのではなく、使われなくなった椅子や島内の廃材を活用し、再生家具(リメイク家具)を配置します。 今回、夏休みの工作イベントとして再生家具をつくるワークショップを7/26(金)~7/28(日) にあまマーレで開催することとなりました! 何十年と長く長く、多くの人が利用するみんなの役場だからこそ、子どもから大人まで海士町内のみなさんと一緒に、大切な場所をつくり、未来へと記憶をつないでいきましょう。 ↓ ↓

        • 普段は見れない?海士町民具館の漁具展へ!

          海士町民具館。 なんと、期間限定で昔の漁具を展示しているということで、noteスタッフもいってみました。 漁具といったら、釣り竿とか漁網とかかな? そんなイメージを膨らませながら、お邪魔します! 中に入ると、「あれ?これが漁具なの!?」 どれも、見たことない道具ばかりです。 今回、この展示会を企画したのは、JICA海外協力隊グローカルプログラム生として来島した、林さん。 海外に派遣される前の2ヶ月、海士町観光協会と教育委員会伝承郷育係に所属し、地域に入って活動しています

        • 固定された記事

        📌【総合案内】海士町(あまちょう)noteの歩き方

        マガジン

        • 海士町みんなのnote
          1,655本
        • 隠岐島前高校
          117本
        • 海士町教育委員会
          424本
        • 海士人(あまじん)
          66本
        • 海士町のふるさと納税 / 海士町未来共創基金
          71本
        • 海士町noteの舞台裏(note活用のヒント)
          26本

        記事

          表現の軸は「ひと」にある。『アンアン』や『ポパイ』を手掛けたアートディレクターの半生。【海士町出身 新谷雅弘さん】

          「ここで泳ぎを覚えてね。あそこに僕の実家があったんですよ。」 そう、気さくに答えてくださったのは海士町多井地区に住む新谷雅弘さん。 新谷さんは聞き馴染みもあるであろう、『ポパイ』や『アンアン』、『オリーブ』といった名雑誌のデザインをしてきたアートディレクターだ。 6/28からは、新谷さんのしごとや手がけた雑誌を特集した展覧会が島根県立美術館で開催されている。 海士町で育ち、アートディレクターとして活躍している新谷さんの過去から現在に迫ります。 取材の舞台は、多井地区。

          表現の軸は「ひと」にある。『アンアン』や『ポパイ』を手掛けたアートディレクターの半生。【海士町出身 新谷雅弘さん】

          現在建設中 海士町役場の内覧ツアーを開催しました。

          2024年秋に、海士町の役場が生まれ変わります! 先日7月2日、建設が着々と進んでいる新庁舎の内覧ツアーを開催。 第1回となる内覧ツアーでは、役場のコンセプトやデザインについてのお話から、施工工事真っただ中の新庁舎内の見学を行いました。 今回はその内覧ツアーの様子をお届けします。 第1回 内覧ツアー まずは総務課還流DX特命担当 五島さんより、 役場の空間コンセプトについて紹介。 新しい役場のコンセプトは、 「つながるxつなげる」 ~時と共に進化する 誰にも開かれた

          現在建設中 海士町役場の内覧ツアーを開催しました。

          キンニャモニャと海士の夏祭りを未来に繋げるため クラウドファンディング型ふるさと納税を募ります!

          1. はじめに私たちは、海士町役場の若手職員を中心とした有志のメンバーで構成した、海士町大感謝祭2024運営事務局です。昨年度から多くの方のご支援をいただき、「海士町大感謝祭~老いも若きもキンニャモニャ~」として海士町の夏の祭りを続けることができていますが、担い手不足、物価高騰による開催経費の増加など祭りを取り巻く状況は厳しくなっております。 明治時代から続く海士町の民謡「キンニャモニャ」を持続可能な形で未来へ続けていくことを目的に、名称変更から2回目となる祭りの開催費用を

          キンニャモニャと海士の夏祭りを未来に繋げるため クラウドファンディング型ふるさと納税を募ります!

          島に来て3ヶ月、ゴールのはずが折り返しになりました。

          昨日のように覚えている出来事が、もう3ヶ月前のこととは信じられません。 R6年度大人の島体験生の布野です。 気づけばもう引っ越しまで数日になってしまいました。 ここで、「離島ではなく引っ越しなの?」と疑問に思った方もいるのでは? この度、大人の島体験の延長が決定しました! 次のシェアハウスは、海士町最南端の集落、崎地区! 今住んでいる東地区からかなり移動するので、生活リズムが変化しそうです。職場の役場からも遠くなるし… そんな中、この記事では次の3ヶ月への折り返しとい

          島に来て3ヶ月、ゴールのはずが折り返しになりました。

          7月の海士町 あつい夏がやってくる!?

          海士町恒例のソフトボール大会では島中が熱気に包まれた6月⚾ 7月は海士町5地区で大祭が予定され、さらに熱い夏がやってきそうです。 それでは7月の海士町をお届けします🙌 島からのお便り✉️まずは海士町NEWSをお届け!🚢 隠岐神社創建85年 奉納 海士町初夏の音楽祭 6/15(土) 雅楽から民謡、クラシックと連綿つづく音楽に浸る1日となりました🎵 夜神楽 村上家資料館 6/22(土) 軽快なリズムにあわさる舞が、海士町の宵を彩りました🌕 いちおしイベント👀 島内外の海士

          7月の海士町 あつい夏がやってくる!?

          海士町を散歩して取り上げるのは、兵庫出身の旅ブロガー!?

          4月下旬、海士町や隠岐島前地域の散歩紀行の記事を見つけました。ブランチ@兵庫県出身の旅ブロガー 日本のへそからぶらりたび さん(以下、ブランチさん)がつくられた、「あまさんぽ」というシリーズの記事です。 ブランチさんは大人の島留学(就労お試し移住制度)で海士町に移住し、現在は海士町教育委員会に所属しています。 この記事では、お散歩記事制作のきっかけや、海士町を発信することへの想いをお聞きしました! 記事内の写真提供:ブランチさん 見逃されがちな「日常」を伝えたい ――

          海士町を散歩して取り上げるのは、兵庫出身の旅ブロガー!?

          隠岐最大の無人島「松島」の海岸清掃へ!約90個のゴミ袋と漂流ゴミの課題。

          海士町豊田地区。 対岸にどどーんと見える大きな島が、 無人島の「松島」です。 隠岐の中では1番大きな無人島とされています。 この日は、 独立行政法人国際協力機構(JICA)の 新入職員研修も兼ねて 松島の海岸清掃が行われるということで、 noteスタッフも参加してきました! 港から船に乗り込み 無人島「松島」に向かって、いざ出発です!! 船を走らせること20分。 到着しました!! ゴツゴツとした岩場をたどって、 目的地の海岸へ向かいます。 さすが、無人島。 道も自然の

          隠岐最大の無人島「松島」の海岸清掃へ!約90個のゴミ袋と漂流ゴミの課題。

          海士町noteはどう活用する?note pro新機能「サイト作成」でLPページを2時間で作ってみる

          note pro限定で、ランディングページ(以下、LPページ)を作ることができる新機能ができたそうです。 海士町noteとしては、とてもありがたい機能!!! 年々増えていく記事をどう整理し、まとめていくべきかに頭を悩ませていたこともあり、早速使ってみました。 この記事は、note proを利用されている運用者さん向けの記事です。事前に整理しておけば、あっという間にLPページを制作できるので、つくってみようかなと考えられている方は、ぜひご覧ください👀✨ まずは、下調べL

          海士町noteはどう活用する?note pro新機能「サイト作成」でLPページを2時間で作ってみる

          地域の困りごとをマッチング「ちと、ごさんか」がリリースされました!

          海士町ではこの度、島での困りごと・やりたいことを投稿できる「ちと、ごさんか」というサービスのお試し版がリリースされました。 まずは、そのトップ画面をご覧ください。 動画のように、サイトのトップ画面には、利用者の方が投稿した困りごとの葉っぱがひらひらと落ちていく様子が映されています。 このサービスを利用することで、島での暮らしで困ったことや、新しく何か始めたいことなどがあるときに、誰かにアドバイスをもらったり、新しいつながりを持つことができます。 「ちと、ごさんか」の思い

          地域の困りごとをマッチング「ちと、ごさんか」がリリースされました!

          No.4 今年も“まるど”は夜開催!盛りだくさんのEntô 3周年イベント

          島の玄関口である菱浦港の高台に建つ、隠岐ユネスコ世界ジオパークの泊まれる拠点施設 Entô。7月1日にオープンから3周年を迎えるにあたって、7月6日と7月7日にEntô3周年イベントが開催されます。 毎月第一土曜日に朝マルシェとして行われている「まるどマーケット」は今回夜マルシェとして開催!さらに音楽家、山口達也さんによるスペシャルライブも予定しています。また、昨年海士町に来島された、オーガニックの母と呼ばれるアリス・ウォータースさんのドキュメンタリー映画「食べることは生きること〜アリス・ウォータースのおいしい革命〜」の上映会も実施。 トークセッション、立食パーティーでは海士町の食材をメインとした軽食をお楽しみいただけます。この盛りだくさんのEntô3周年イベントの詳細は、本編そして以下のURLからご確認ください! https://ento-oki.jp/news/7306.php 海士町LINE公式アカウント 島との距離は離れても、気持ちはいつも近くに。海士町に関する様々な情報を配信中! アカウント名:海士町 LINE ID :@amacho https://page.line.me/929kznku

          No.4 今年も“まるど”は夜開催!盛りだくさんのEntô 3周年イベント

          No.4 今年も“まるど”は夜開催!盛りだくさんのEntô 3周年イベント

          5年後、10年後も進化を続ける居場所へ。新しい役場の空間づくりについて。

          2023年に工事がはじまった、「『つながる×つなげる』時とともに進化する、だれにも開かれたチャレンジスポット」をコンセプトとした海士町役場の新庁舎。 2018年には住民のみなさんを対象としたアンケート調査、2023年には小学生に向けた現場の社会科見学などが実施されました。 役場でのヒアリングを重ねながら、2024年11月の完成に向けて、着々と建設が進んでいます。 今回は、そんな新庁舎プロジェクトに携わる総務課還流DX特命担当の五島さん、AMAホールディングス株式会社 取

          5年後、10年後も進化を続ける居場所へ。新しい役場の空間づくりについて。

          8月31日(土)開催!海士町大感謝祭2024~老いも若きもキンニャモニャ~パレード・ステージ・飲食等出店者募集!

          今年も「海士町大感謝祭2024~老いも若きもキンニャモニャ~」を開催いたします。海士町にいる方だけでなく、海士町に関わる全ての方と一緒に海士町を盛り上げていきたいと思います! 当日は餅なげから始まり、ステージイベント、飲食等出店、そして伝統のキンニャモニャパレードが行われます! キンニャモニャパレードでは島内外から多くの方が集まり、チームごとに仮装するなどそれぞれの工夫を凝らしたパフォーマンスは必見です! そして最後は花火で祭りを締めくくります! ぜひ、たくさんのご参加

          8月31日(土)開催!海士町大感謝祭2024~老いも若きもキンニャモニャ~パレード・ステージ・飲食等出店者募集!