ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/
固定された記事

1月の海士町 特集:離島にもっと若者の還流を

こんにちは。 2022年1月に海士町noteは1周年を迎えました!みなさん、いつもご覧いただきありがとうございます。そして、「今月の海士町」も毎月投稿することができました…

地域の絶品グルメ!「かんしまめ」を知っていますか

海士町や隠岐に住むみなさんにとっては、冬の風物詩ともいえる「かんしまめ」。1月26日のBSテレ東で、地域の絶品グルメとして放送されました 📺 答えを知っている方…

  • 【島留学】みんなでつくる島家、いつでも還れる島家…
  • View of Ama(Japan, Oki I…
  • VLOG オープン前の島の 新しいホテルEnto…
  • 商品の画像

    【令和3年産新米!】ブランド米◆海士の本氣米 白米5kg定期便<特別栽培米>*お好きな頻度でお届け

    海士町のブランド米『海士の本氣米』の白米5kg 定期便です!お米のお届け頻度は「1ヶ月に1度」「2ヶ月に1度」「3ヶ月に1度」の中から、お好きな頻度をお選びいただけます。人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:コシヒカリ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥3,550
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【令和2年産】ブランド米◆海士の本氣米コシヒカリ おためし2合パック<特別栽培米>

    令和2年度産、海士町のブランド米「海士の本氣米」のコシヒカリ 2合(300g)パック!「本氣米はどんな味なのかな?」と気になる方におすすめ!少量からおためしできる真空パックタイプです。かわいいパッケージなので、贈り物にもおすすめです♪人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:コシヒカリ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥500
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【令和2年産】ブランド米◆海士の本氣米きぬむすめ おためし2合パック<特別栽培米>

    令和2年度産、海士町のブランド米「海士の本氣米」のきぬむすめ 2合(300g)パック!「本氣米はどんな味なのかな?」と気になる方におすすめ!少量からおためしできる真空パックタイプです。かわいいパッケージなので、贈り物にもおすすめです♪人里離れた離島で、名水百選の水で育った海士の本氣米。美味しいのは当たり前!せっかくなら、ストーリーのある地球に優しいお米を選びませんか?島根県沖の離島 海士町は、離島では珍しく水資源に恵まれていたことから、ずっと昔から連綿とお米作りが行われてきました。この島に広がる田んぼは、日本の原風景。離島という地理的なハンディキャップとお米の価格下落により、海士町のお米作りは窮地に立たされています。そんな中、日本の原風景を守るため、より美味しいお米を作り続けるため、認定農家さんたちによって試行錯誤が続けられています。海士の本氣米は、海士町の特産品である・島で大自然で放牧されて育った幻の黒毛和牛「島生まれ、島育ち、隠岐牛」の完熟堆肥・島のブランド岩牡蠣「いわがき春香」の牡蠣殻粉末を土作りに使用。山と海の循環で作る地球に優しいお米です。島の素材を生かし、人の手をかけた海士町の本氣の味を、ぜひお試しください!品種:きぬむすめ製法:特別栽培米(農薬・化学肥料を減らして栽培)製造者:海士の本氣米生産組合
    ¥500
    島の直売所 しゃん山
  • もっとみる

島前地域をつなぐオンライン交流会を行いました。

隠岐島前高校の卒業生のみなさんともっと交流がしたい! 交流盛んな面しろい島を実現したい! そんな思いから、12月10日に「島のオンライン交流会」が行われました。 こ…

島の特産物を全国へ!ふるさと海士で一緒に働きませんか。日本海の海の幸を旬の時期に凍結して全国にお届けするお仕事です

海士町には、岩がきや白いかなど豊富な海産物があります。「日本名水百選」にも選ばれる綺麗な水があります。その水を使って作る美味しい農産物があります。これらは全て「…

【1/29(土)】海士町未来共創基金を知る茶話会を開催します!

おかげさまで、2021年の海士町へのふるさと納税は2億円を超えました!これからの海士町へ、大切なお金を託してくださった方々に感謝を申し上げます。このお金を原資に、今…

宿は地域に生かされ、また地域を生かす存在。 ー「未来をつくる島ホテル」を見てー

先日、こちらの番組をタイからリアルタイムで見ました。舞台は、島根県隠岐郡海士町。 島の未来とともに歩むホテル。彼らが目指すものとは…?  ホテルオープン前から一…