ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

マガジン

  • 海士町みんなのnote

    • 876本

    海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

  • 島前(どうぜん)note

    • 52本

    隠岐島前ってどんなところ? 祭、イベント行事、ちょっとした出来事など幅広いジャンルの記事をまとめています! 海士町・西ノ島町・知夫村での“リアルな暮らし”が垣間見え、移住前、旅行前の疑問も解決するかもしれません!

  • 海士町教育委員会

    • 127本

    海士町教育委員会や海士町の学校教育に関する情報をまとめたマガジンです。

リンク

ウィジェット

ストア

  • 商品の画像

    【ご家族・ご友人と】農薬不使用!旬のお野菜 8~10種類+平飼い卵のセット<3~4名様分>◆Muller's Farm◆

    農薬不使用、島で生まれた旬のお野菜と新鮮な卵をお得なセットで!島の大人気農場ムラーズファーム厳選、その朝収穫された季節のお野菜と平飼い卵をお届けします!【ムラーズファーム】島の農場ムラーズファームを経営するのは、ドイツ出身のフランク・ムラーさん。農薬を一切使わない有機栽培で、人にも自然にも優しい野菜作りに取り組んでいます。2014年、ムラーさんは湾を見下ろす高台にある荒れ地を1人で開墾しました。水道も電気も通じない土地で始まった農場では、いまや80羽の鶏やヤギがいきいきと暮らし、みずみずしい西洋野菜を中心にたくさんの作物が育てられています。自然との共生、そして人に優しい食材作りを追求するムラーさんは、生産のプロセスにこだわります。鶏が口にするのは島の恵みであるイワガキやサザエのカキ殻。そしてその餌を食べた鶏のふんを野菜の肥料に活用し、育った野菜のくずは再び鶏の餌へ。自然の恵みが織りなす循環から多彩な食材を生み、食卓へとお届けしています。味と新鮮さ、そして安心・安全な野菜や鶏卵を求める人が全国から訪れるなど、知る人ぞ知る島の人気農家です。【旬の野菜詰め合わせ】ムラーさん厳選、季節のとれたてお野菜8~10種と朝どり卵を詰め合わせたお得なセットです!自然の中で優しく育てられたお野菜と鶏から恵まれた卵で、暖かい食事の時間をお過ごしください。※その時の天候気候によって収穫量に差が出る場合がございます。あらかじめご了承ください。【商品内容】①季節の野菜詰め合わせ8~10種②平飼い有精卵6個パック<季節の野菜リスト>・夏季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、ベビーリーフ、カボチャ、ズッキーニ、トマト、ミニトマト、キュウリ、パプリカ、茄子、サツマイモ、スイカ、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、オクラ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー)・冬季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、リーフレタス、ベビーリーフ、カボチャ、チンゲン菜、小松菜、大根、白菜、高菜、水菜、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー、唐辛子)※上記野菜から8~10種お送りいたします。※季節や収穫状況によりお届けする野菜や種類数が変動いたします。あらかじめご了承くださいませ。【生産者】フランク・ムラー【配送方法】冷蔵
    ¥4,750
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【季節を味わう】冬のオーガニック野菜7~10種類セット<3~4名様分>◆Muller's Farm◆

    農薬不使用。島で生まれた旬のお野菜詰め合わせセットで、冬の食卓に彩りを。島の大人気農場ムラーズファーム厳選、季節のとれたて野菜をお届けします!【ムラーズファーム】島の農場ムラーズファームを経営するのは、ドイツ出身のフランク・ムラーさん。農薬を一切使わない有機栽培で、人にも自然にも優しい野菜作りに取り組んでいます。2014年、ムラーさんは湾を見下ろす高台にある荒れ地を1人で開墾しました。水道も電気も通じない土地で始まった農場では、いまや80羽の鶏やヤギがいきいきと暮らし、みずみずしい西洋野菜を中心にたくさんの作物が育てられています。自然との共生、そして人に優しい食材作りを追求するムラーさんは、生産のプロセスにこだわります。鶏が口にするのは島の恵みであるイワガキやサザエのカキ殻。そしてその餌を食べた鶏のふんを野菜の肥料に活用し、育った野菜のくずは再び鶏の餌へ。自然の恵みが織りなす循環から多彩な食材を生み、食卓へとお届けしています。味と新鮮さ、そして安心・安全な野菜や鶏卵を求める人が全国から訪れるなど、知る人ぞ知る島の人気農家です。【旬の野菜詰め合わせ】ムラーさん厳選、旬の朝どり野菜7~10種を詰め合わせました!農薬を使わず自然の中で優しく育てられたお野菜で、暖かい食事の時間をお楽しみください。※その時の天候気候によって収穫量に差が出る場合がございます。あらかじめご了承ください。【商品内容】季節の野菜詰め合わせ・冬季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、リーフレタス、ベビーリーフ、カボチャ、チンゲン菜、小松菜、大根、白菜、高菜、水菜、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー、唐辛子)※上記リストから7-10種類の野菜を選び、お送りします。※天候や収穫状況によりお届けする野菜や種類数が変動いたします。あらかじめご了承くださいませ。【生産者】フランク・ムラー【配送方法】冷蔵
    ¥3,750
    島の直売所 しゃん山

海士町みんなのnote

海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

すべて見る
  • 876本

正しい五感の使い方

大寒をひかえた1月の半ば、雪深い札幌から島に戻ると、梅の花が咲いていた。  数日後にはふきのとうを探しに山を歩いた。ポケットとフードの中をいっぱいにして校舎に戻るやいなや、採れたてを天ぷらにする。いつもは3月が終わる頃に初物をいただいていたけれど、去年は北海道で採れはじめる前にこっちへ引っ越してきたので、実に2年ぶりの再会。口の中にひろがるほろ苦い春の味に、ちょっとたまらない気持ちになる。 海士町はもう春なのかなぁなんて思っていたところに、あのどか雪である。  かまくらで鍋

スキ
2

「ここで働き、暮らす」を五感で試せる海士町移住検討ツアーとは?ーーツアーレポート①

こんにちは、海士町移住検討ツアー運営事務局の佐藤です。 ▼海士町で働き暮らすリアルにふれる2泊3日の「海士町移住検討ツアー」 2022年7月に初回を迎えた本ツアーは、41名の方にご応募をいただき、計4回のツアーで14名の方にご参加いただきました。 本記事では、ツアー運営事務局の佐藤がこれまでのツアーを振り返り、残念ながら参加できなかった方や今後のツアーへの参加を検討されている方のために、ツアーの様子をお届けします! 「海士町で暮らす」という選択肢本ツアーのコンセプトは

スキ
11

半官半Xの大山さんに密着!海士町特産「崎みかん」の現場支援レポート

半官半Xとは、新しい働き方を推進する海士町役場独自の取り組みです。公務員と聞くと、デスクワークや事務作業が中心というイメージを持っていらっしゃる方もいるかと思いますが、海士町の半官半Xは現場での当事者意識を大切にしています。 今回は、海士町役場で昨年10月からインターンをしている島体験生の私が、昨年4月に海士町役場の半官半X特命担当として入庁した大山さんを取材しました。 海士町の崎地区にある、みかん生産の現場の様子をお届けできればと思っています。 自然に囲まれた環境の中

スキ
10

歌集の世界を旅する【ワークショップレポート】

8月31日、ちゃかぽんにて『歌集の世界を旅する』ワークショップを行いました。 ナビゲーターは、歌人でもある後鳥羽院資料館の榊原有紀(さかきばらゆき)さん。 なぜ短歌を詠み始めたのか? それぞれの歌集のおすすめポイントは? 普段なかなか触れることのない短歌の世界をガイドしてもらいながら、一歩ずつ足を踏み入れていきました。 この日の参加者は、中学生や大人の島留学生、隣の島の方から来た方など、バラエティ豊か。 説明や表紙から気になった歌集を手にとり、心の琴線に触れるお気に入りの一

スキ
6

島前(どうぜん)note

隠岐島前ってどんなところ? 祭、イベント行事、ちょっとした出来事など幅広いジャンルの記事をまとめています! 海士町・西ノ島町・知夫村での“リアルな暮らし”が垣間見え、移住前、旅行前の疑問も解決するかもしれません!

すべて見る
  • 52本

「ここで働き、暮らす」を五感で試せる海士町移住検討ツアーとは?ーーツアーレポート①

こんにちは、海士町移住検討ツアー運営事務局の佐藤です。 ▼海士町で働き暮らすリアルにふれる2泊3日の「海士町移住検討ツアー」 2022年7月に初回を迎えた本ツアーは、41名の方にご応募をいただき、計4回のツアーで14名の方にご参加いただきました。 本記事では、ツアー運営事務局の佐藤がこれまでのツアーを振り返り、残念ながら参加できなかった方や今後のツアーへの参加を検討されている方のために、ツアーの様子をお届けします! 「海士町で暮らす」という選択肢本ツアーのコンセプトは

スキ
11

【続編】島デビュー後の私。-丹波篠山から離島へ-

「私島デビューしました」 前回好評だったこちらの記事。 丹波篠山出身の彼女が、初めて移住したというお話、それも離島に。 (前回の記事を読んでいない方、まずこちらをご覧下さい。) 前回の記事で、とにかく島暮らしが楽しい!と言っていた小谷さん。 あれからの半年間を振り返ってもらいました。 ー一ひとことで表すと、どんな半年間でしたか? 「心がよく動いている」半年間でした。 初めての丹波篠山以外の土地、初めて出会う人たち、初めての体験をこれでもかってほど詰め込んで・・・人見知

スキ
14

今、就職や転職という言葉が頭に浮かんでいるなら、その横に”大人の島留学”も選択肢に置いてみてほしい。

\イベントのお知らせ/ この度、大人の島留学制度リアル説明会@京都を開催します! 大人の島留学を検討中の方、 地方や田舎の暮らしに興味がある方や離島に興味がある方はもちろん、 進路に迷っている学生のあなた、新しい環境で挑戦してみたいあなたも。 島に帰りたいけどあとが一歩踏み出せない島前出身のあなたも。 島で働きながら、あなたらしい発想で、とにかく動いて、考えて、また動く。そんな日々の1歩目として、ご応募お待ちしています! 自分だけの原体験を求めて 現在、大人の島留学

スキ
30

23枚の「ないものはない」写真

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県の離島・海士町のキャッチコピー「ないものはない」には、そんな意味が込められています。 みなさんは、「ないものはない」と聞いて、どんなシーンを思い浮かべますか? 今年の11月に、町内の産業文化祭というイベントの中で、「ないものはない × #離島にもっと若者の環流を」と題した写真展の企画・展示していました。その作品たちを海士町noteでも公開したいと思います。 美術館気分で、気ままにご覧になってくださいね!

スキ
17

海士町教育委員会

海士町教育委員会や海士町の学校教育に関する情報をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 127本

豚汁を作って販売しよう!(2/3)

特別支援学級の作業学習では、野菜を育て、調理する活動に取り組んでいます。 今回は調理だけでなく、調理したものを先生たちに販売することにも挑戦しました。   販売したものは自分たちが育てた大根を使った豚汁です。   今日に向けて豚汁のレシピやお釣りの計算の仕方、接客の仕方などを学び、準備を進めてきました。 実際の調理では慣れた手つきで野菜を切ったり、煮込んだりする姿がありました。   販売では器用にiPadを使い、お釣りの計算をしました。  販売終了後、生徒は「調理も販売も

スキ
6

北分大橋ライトアップイベントのお知らせ

海士中学校2年生の『北分地区応援チーム』の3人です。 私たちは、総合的な学習の時間の一環で2月4日(土)18:00~19:30に北分大橋でイルミネーションを行います。 ぜひ見に来てください。 詳しい内容はチラシに載っているので、ご覧ください。

スキ
7

一日入学(2/1)

来年度海士中学校に入学予定の小学6年生をお招きし、[一日入学]を行いました。 6年生はまず、授業を参観しました。 15分間ずつですが、二つの教科の授業を見て中学校の授業の雰囲気が少し感じてもらえたかなと思います。 その後は、生徒会事務局の生徒が企画した[学校説明]でした。 生徒会が「挑戦」をスローガンにしてどのような取り組みをしているのか、主な学校行事や学校の一日の流れなどについて説明しました。 部活動紹介では、各部の代表生徒が話をしました。 全ての説明後、中学生が小学

スキ
3

給食の食材生産者紹介(1/30)

海士町の給食には、様々な地元の食材が使われています。 前回(1月25日の話題)は、野菜生産者のムラーフランクさんについて紹介しましたが、今回は、海士町産の魚を加工して給食に提供してくださっている、[島食の寺子屋]についてコーディネータの恒光さんにお話を聞きました。 まずは、[島食の寺子屋]について尋ねました。 島食の寺子屋は、料理を学ぶための[料理学校]です。 現在、ここで学んでいる生徒は6名。 この日は、豊田地区(海の駅[松島])から仕入れた「ヒラメ(7kg相当)」と「

スキ
4

島の求人

海士町に関する求人情報です。求人のお問い合わせは各記事の窓口までお願いいたします。

すべて見る

「ここで働き、暮らす」を五感で試せる海士町移住検討ツアーとは?ーーツアーレポート①

こんにちは、海士町移住検討ツアー運営事務局の佐藤です。 ▼海士町で働き暮らすリアルにふれる2泊3日の「海士町移住検討ツアー」 2022年7月に初回を迎えた本ツアーは、41名の方にご応募をいただき、計4回のツアーで14名の方にご参加いただきました。 本記事では、ツアー運営事務局の佐藤がこれまでのツアーを振り返り、残念ながら参加できなかった方や今後のツアーへの参加を検討されている方のために、ツアーの様子をお届けします! 「海士町で暮らす」という選択肢本ツアーのコンセプトは

スキ
11

高校生といっしょに未来をつくるスタッフを募集中!

座談会参加者 隠岐國学習センターってどんなところ?竹内: では最初に、隠岐國学習センター(以下、学習センター)の紹介を…。学習センターは、島前3町村(西ノ島町・海士町・知夫村)が出資して設立した公立塾で、隠岐島前高校(以下、島前高校)の全生徒約160人中120人くらいが放課後に通っています。高校と連携しつつ、高校のカリキュラムではサポートしきれない部分についても、塾という立場を活かして柔軟に対応しています。塾というと教科指導や学習支援の印象がありますが、それに加えて、地域や

スキ
26

離島Lifeを体験しながら、観光を通じたまちづくりに挑戦する「大人の島留学生」を募集しています。

ジオパークホテルEntôを運営する(株)海士は海士町役場と連携し、1年間離島でのローカルライフを体験しながら、ポストコロナ後の新しい地方観光創りに取り組む「大人の島留学生」を追加で3名募集いたします。 ・将来の選択肢として、地方移住を検討している方 ・観光を通じたまちづくり、地域の課題解決を仕事にしたい方 ・地方で体験と内省を繰り返し生き方をじっくり考えたい方 1年間島根県の離島でそのライフスタイルや仕事を体験してみませんか? まずオンラインで相談する⇒ こちらから

スキ
32

けいしょう保育園で保育士を募集しています!

海士町の子育て支援の中心的な役割を担っており、島で唯一の認可保育園である「けいしょう保育園」。たくましい心身を培い、豊かな心情と協調性を養う剛健感謝を保育目標としており、地域に伝わる島前神楽やキンニャモニャ踊りをはじめとする島の民謡に触れる機会もつくっています。 そんな、けいしょう保育園では現在、保育士を募集しています。 けいしょう保育園について 保育について 1日の流れ 年間行事 園の概要

スキ
9

半官半X

半官半Xとは、『官』として役場の業務に従事しながら、『X』として自分の「好き」や「得意」を地域に還元する海士町独自の働き方です。

すべて見る
  • 23本

半官半Xの大山さんに密着!海士町特産「崎みかん」の現場支援レポート

半官半Xとは、新しい働き方を推進する海士町役場独自の取り組みです。公務員と聞くと、デスクワークや事務作業が中心というイメージを持っていらっしゃる方もいるかと思いますが、海士町の半官半Xは現場での当事者意識を大切にしています。 今回は、海士町役場で昨年10月からインターンをしている島体験生の私が、昨年4月に海士町役場の半官半X特命担当として入庁した大山さんを取材しました。 海士町の崎地区にある、みかん生産の現場の様子をお届けできればと思っています。 自然に囲まれた環境の中

スキ
10

”とりあえずやってみる”事の大切さ~2022年を振り返って~

今年も残すところあと5日になったので2022年を振り返ってみようと思います。2022年は1言で言うと【変化の1年】でした。 ・3年務めた大学病院を退職。 ・野望の1つであった離島に移住。 ・1番似合わない、公務員になる。 この3つが自分のなかでとても大きな変化でした。 今思えば、よくもこの決断したなぁと思っていましたが、振り返ってみれば・・・”自分が望む”理想の未来に向かって行動した” ただそれだけでした。 私は、1冊”夢ノート”を作り、自分の夢・在りたい姿・理想の

スキ
8

これまで取り組んできたことを次の世代へ紡いでいくー半官半Xという働き方

2021年より、海士町役場に新しく発足した半官半X特命担当。当時は5名の組織でしたが、今年度は17名(内、令和4年度の新規採用は11名)体制になり、新たに半官半Xが動き出しました。 今回は、海士町役場独自の取り組みである半官半Xについて、まるごとご紹介していきます! 自分の「好き」や「得意」を地域に還元するこれまでの海士町では、「官」と「民」とが連携をしながら、島のファンを増やすべく「まちづくり」に挑戦してきました。 しかし、昨今の急速な時代の変化とともに、地方課題は深

スキ
15

離島生活6ヶ月生、半官半X6ヶ月生

海士町6ヶ月目海士町に来て早くも半年以上が経過しました。 ざっくりまとめると楽しい日々をすごしています! 最初は知らない事・人・物だらけだったのでなにもかもが新鮮でしたが、最近はその新鮮さが薄れてきました・・・💦慣れてきたってことにしときます!笑 海士町がかかげる”ないもはない” 本当にないものも多いです。でも、”ないものはない”からこその気づきがありました。それは必要最低限しかないため、時間がその分あるということ。 今までは、スーパーやショッピングモールに行くと様々なお

スキ
10