マガジンのカバー画像

海士町のふるさと納税 / 海士町未来共創基金

37
海士町のふるさと納税と海士町未来共創基金(ふるさと納税を原資とした島の未来へつながる事業への投資と伴走)に関する記事を掲載しています
運営しているクリエイター

記事一覧

【徹底検証】大人と子供と酒好きから好かれる!?伝統の漁師飯「肝醤油漬け」を探ってみる

皆さま、はじめまして。 海士町(あまちょう)ふるさと納税担当の松田と申します。 離島に移り住み2年目の移住者でございます。 好きなものはボランティアと漁師飯です。 皆さま、突然ですが、 海士町の漁師飯って何かご存じでしょうか? 日本海の真ん中に浮かぶ海士町は、イカの有数な漁場であります。 イカ釣り漁船が海士町の町並みと言えるほど、多くの漁船が停泊し、一年を通して多くの漁師さんがイカ漁のために海に出ます。 その漁の最中、漁師さんが船の上で釣れたイカを捌いて食べたもの。

【島が誇る最高級ブランド】いわがき春香を食べたら、人生初の「ある体験」をしました

皆さま初めまして。 海士町(あまちょう)ふるさと納税担当の遠藤と申します。 島に移り住み6ヶ月目の移住者でございます。 趣味はお花を眺めることと岩牡蠣を食べることです。 皆さま、突然なのですが、 「いわがき春香」という岩牡蠣をご存知でしょうか? 海士町が誇るブランド岩牡蠣で、以前は築地市場でも最高値で取引をされていたほど上質な岩牡蠣です。 さらに、年間数万個の出荷があるにも関わらず、食中毒の報告が0件という神がかった実績があり、鬼のように厳しい安全基準を設けることで安

【桐箱入の高級和牛】幻の隠岐牛を食べてみた

皆さま初めまして。 海士町(あまちょう)ふるさと納税担当の松田と申します。 離島に移り住み2年目の移住者でございます。 突然ですが、皆さんは「桐箱入りの最高級黒毛和牛」を食べたことはございますでしょうか? 僕はないです。 いいところでスーパーに売っている1000円台のちょっといい肉くらいです。 高級黒毛和牛に憧れがある私ですが、 この海士町に住んでいる以上絶対に食べたいものがあります。 それが、こちら。 眩しさと尊さと溢れる唾液が一気に押し寄せるような上品なフォ

11月の海士町 特集:ふるさと納税

みなさん、こんにちは。 本格的な冬が近づいてきました。紅葉やイチョウの色づきなど、自然が楽しそうにみえます🍁 今年も残り1か月となりましたが、想いや挑戦したいことを2022年に置いてけぼりにしないように、1日を大切にしていきたいですね☺それでは今月の海士町をお届けします。 特集:ふるさと納税今月の特集はふるさと納税です!11月12日に3年ぶりに開催された「ふるさとチョイス大感謝祭」に出展をしてきました♪ 100を超える自治体が出展する中、海士町は島根県内の自治体と連合で

「変化の時代」を乗り越えて@CAS凍結センター       

こんにちは。 海士町ふるさと納税担当の遠藤です! いつも海士町を応援して下さり、本当にありがとうございます。 今回は、離島であるが故のハンディを克服し、海士町の成長発展に著しい貢献をしてきた「株式会社ふるさと海士」のCAS凍結センターを再訪し、“withコロナ”の時代にどういう変化があったのかを根掘り葉掘り質問させていただきました! 海士町が離島としてのハンディを克服するために【島民インタビュー】|海士町ふるさと納税担当|note 1.業務用から個人用になったのが一番の

採択後も「事業の今」と繋がりつづける。海士町未来共創基金の定期訪問会

2021年度未来共創基金で採択された事業である、なまこ漁師会さんの「ナマコ事業」と宇野さんの「マリンボート事業」。2021年度事業が提案されてから約1年がたち、「事業の今」を知るため、海士町未来共創基金の審査員とアドバイザーのみなさんが事業訪問をされました。 海士町未来共創基金で採択された事業は、採択後も定期的に事務局に進捗を共有をし、審査員のみなさんにも半期に一度、事業の状況を報告しています。 審査後も、引き続き事業所と関わり合っていくことがこの基金の特徴の1つなんです

もじゃもじゃの設置完了!なまこ事業の進捗報告です

令和3年度、海士町未来共創基金で採択された「ナマコとともに生きていく(ナマコ資源増殖支援事業)」が事業提案から約1年経ちました! 今回は事業開始からの経過や、現在のお気持ちを提案者の宮﨑さんにお聞きしました。 事業を行うことにしたきっかけや経緯、想いについては前回のインタビューをご覧ください。 増殖礁と、藻じゃ藻じゃの設置が完了しましたーー早速ですが、事業の進捗はいかがですか? 宮﨑さん:5年間かけて事業を進めていく予定で、概ね計画通りに進んでいます。今年の3月28日

【2022年度後期 海士町未来共創基金】の公募を開始します。

2022年度後期 海士町未来共創基金の公募を開始します。 2021年より公募を開始し、、昨年度は2件の事業がこの基金からの投資により生まれました。詳しくはこちらをご覧ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000069754.html この基金は、ふるさと納税を原資に、島の未来へつながる事業へ、投資と伴走を行う事業です。島の未来づくりに新たなチャレンジをしてみようという方を中心に、海士町内や島を応援して下さる皆さま

事業提案から約1年。隠岐島前クルージングスタート!

令和3年度に海士町未来共創基金で採択された「海が好きになるマリンボート事業」が、「隠岐島前クルージング」という観光体験プランとしてスタートしました! 宇野さんの「この島で育った子どもたちに隠岐の海のすばらしさを伝えたい」という想いからはじまった「隠岐島前クルージング」は、4種類からクルージングを楽しむことができます。 以前取材させていただいた「このまちで育った子どもたちに隠岐の海のすばらしさを伝えたい。」という記事では、事業をはじめたきっかけや、事業を一緒に進めた海士町未

【6/18(土)開催】海士町の未来につながる挑戦をみんなと話すイベント参加募集のご案内

みなさんこんにちは! 大変ご無沙汰しております。 海士町ふるさと納税担当の松田です。   本日は、ふるさとチョイスと一緒に開催する 6/18(土)に東京(新宿)にて開催イベントの参加募集のご案内を差し上げます。     ▽イベント詳細・申し込みはこちら   ----------------------------------------------     ■テーマ 「海士町の未来につながる挑戦をみんなと話し合おう」   ■開催背景とイベント概要 海士町には、ふるさと納税

【公募開始のお知らせ】2022年海士町未来共創基金

2022年の海士町未来共創基金の公募を開始しました。 みなさんからのエントリーをお待ちしています。 ■申請条件 ■公募スケジュール ■エントリーフォームについて ■お問合せ先 みなさんからのエントリーをお待ちしています。 また、エントリーをご検討されている方向けの資料や説明の動画もございますので、info@amaholdings.co.jpまで、送付ご希望の方はご連絡ください。

【1/29(土)】海士町未来共創基金を知る茶話会を開催します!

おかげさまで、2021年の海士町へのふるさと納税は2億円を超えました!これからの海士町へ、大切なお金を託してくださった方々に感謝を申し上げます。このお金を原資に、今年も海士町未来共創基金は新たな挑戦を後押ししていきます! 2021年の海士町未来共創基金への応募は2月より開始予定です。そこで、1/29(土)10時~11時に海士町未来共創基金を使って、挑戦をしたい方向けに、茶話会(説明&質問会)を開催します。 海士士町未来共創基金を知る茶話会~今年、新たな挑戦をしたいあなたへ

自治体公式noteが紹介する「いちおしのふるさと納税」の記事8選!アウトドア用品や海鮮やお酒や家具など‥

2021年度のふるさと納税申込みは、12月31日まで!かけこみで寄付先を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな今だからこそ、自治体公式noteが紹介する「いちおしのふるさと納税」の記事をまとめてお届けします。 アウトドア用品や海鮮やお酒や家具などなど‥すてきな返礼品やまちの魅力がみつかる自治体公式note7選と、気になっているけどやり方がわからない方向けの「自治体による ふるさと納税徹底解説note」をご紹介です。 ぜひ読んで、かけこみふるさと納税のご

後編:【海士町】チャレンジフォーラム~未来へ繋ぐふるさと納税を使った新たな挑戦の報告会~を開催しました!

11/20(土)に【海士町】チャレンジフォーラム~未来へ繋ぐふるさと納税を使った新たな挑戦の報告会~を開催しました。前編・後編に分けて、当日の様子をお伝えいたします。(前編はこちら) 未来共創基金理事より 「海士町未来共創基金の可能性」 海士町未来共創基金は、立ち上げ以前から海士町と関わりのあった島外の4名と海士町役場財政課長をあわせた5名の理事によって、構成されています。理事は、投資案件の審査も担当しています。 本フォーラムでは、未来共創基金の構想~立ち上げから尽力を