マガジンのカバー画像

海士町みんなのnote

558
海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

スキ
30

通学路の確認を行いました

みなさんこんにちは。大人の島体験生として海士町教育委員会でインターン中の名取彩雲(なとりあやも)です。 5月の大型連休の合間の平日に、4月から教育委員会に着任した職員さんと共に海士町内の小中学校の通学路確認を行いました。   海士町の通学路整備について海士町内には、2つの小学校と1つの中学校があります。学校から遠い地区ではスクールバスが運行されていますが、何キロも徒歩や自転車で通学する児童・生徒もたくさんいます。 海士町の道路は、1.5車線の場所が多く道路幅が狭い上、

スキ
4

深夜1時、防波堤で。

桜の花びらが落ちきって、新緑まばゆいこの季節。 朝晩はまだひんやりするくせに、すこしずつ湿度を帯びてくるこの絶妙な季節が歳を重ねるごとにすきになってきました。 ここ数年は地方のド田舎暮らし。カエルのけたたましい合唱と、ジーっと羽音のするなんだか怖いよくわからない虫たちが元気。玄関先で力尽きた、いろいろな生物たちをほうきで掃くことも日々の当たり前になっています。 この季節を好むようになってきたのは何故だろうと考えたところ、理由は黒川温泉で体験した夜にありました。 暮らし

スキ
13

みどりさす

北海道でも採れるから、とあきらめかけていた。 5月ならまだ大丈夫と、近所のおばあちゃんの言葉に背中を押されてよもぎを探しにいく、休日の朝。雲ひとつない青空に、新緑がまぶしい。 よもぎはすでに大きく生長していて葉が固く、柔らかい新芽だけを袋に集めていく。 黙々と摘みながら、過ぎていった1か月半を思う。 一人が好きでマイペースなわたしには、寺子屋でみんなと過ごす毎日の濃度が高すぎて、息ができなくなりそうだったこと。 授業で魚をさわるようになってからは、生臭さと、血と内臓を前に

スキ
14

限界突破マラソンを通して学んだこと(オープン社内報)

さあ今週も1週間がスタートしますよー! 週末働いていた皆様はお疲れ様でした! いつも皆さんには感謝しております。 ありがとうございます。 はじめに5月12日~13日と2日間かけて、 EOのフォーラムメイトである経営者8名と共に、 研修リトリートを開催いたしました。 場所は、海士町(島根県)。 地方創生の先進地域としても有名です。 島での地方創生の在り方を地元の人たちから学びました。 それはネットとかに結構転がってるので見てね。 今日皆さんにシェアしたい経験とそこからの気づき

スキ
13

岩ガキが出荷されるまで!

突然ですが、岩ガキがこのような形で私たちの食卓に並ぶまで、どのような試練を経ているか知っていますか? 私は、売られている状態のまま、海の中にあるのだと思っていました。笑 いわがきの殻には貝や海藻、ゴミ等がたくさんついた状態のため、何個もの機械を通りながら洗浄されます。 その後に、”みがき”作業を1つずつ手作業で行い、機械で取りきれなかった貝や汚れを取り除きます。 水槽に入るまでに岩ガキは多くの試練を乗り来なければならないため、途中で死んでしまう岩ガキも出てきます。 こ

スキ
6

想像以上に大きな島だった

 学校がお休みの日、天気が良かったので、野苺を摘みに散歩に出かけました。先生から教わった野苺の群生地は、寮から歩いて30分くらいのところにあり、そこを目指して日の照る坂道を歩いていましたが、思いがけず、目的の地点よりも手前で、野苺がたくさんみつかり、結局、辿り着くまでに十分な量の野苺を確保してしまったので、群生地までは行かずに引き返しました。  海士町に移り住み、授業が開始してから1ヶ月と少しが経過しましたが、私の現時点の感覚では、海士町という一つの島で生活しているというよ

スキ
6

無いことから生まれるインスピレーション

多くを語らない落ち着いた物腰。知的なほほえみと、凜としたたたずまい。 「家が超絶お洒落らしい!」「センス良すぎ」「でもちょっとミステリアス…」と密かに憧れる女子が多いムラー和代さんは、実は意外にも“放浪の人”だった!? 海士町出身ながら海外生活が長く、ロンドンの芸術大学で真面目な学生をしていた頃も魂は常にロック。なかなかどうしてパンチのきいた人生遍歴を、とくと聞かせていただきました。   和代さんの職場は、海士町教育委員会が運営する交流施設「あまマーレ」。 あまマーレ

スキ
17

今年度最初の3-4年生校外学習♬

地域とのつながりにおいて、海士町14地区のうち4地区という小規模な校区が海士小学校の強みでもあります。 今年も3‐4年生の総合的な学習の時間では、自分たちの校区の「すてき✨」ポイントを探しに、まちにくりだしました♪ あいにくの雨模様でしたが子どもたちは元気いっぱい! 「この地区には田んぼがたくさんあるね!」、「この神社はなんの神さまなんだろう?」、「この船、どうやって進むんだろう?」など、たくさんの「分かった!」と「なんでだろう?」に出会いました。 次は地域の人にお話を

スキ
5

出雲地区大会 1日目(5/11)

出雲地区ソフトテニス大会 1日目、[個人戦]が行われました。   海士中学校からは男子1ペア、女子2ペアが出場しています。 残念ながら、どのペアも1戦目で敗退しました。 女子は明日2日目の団体戦に臨みます。 なかなかない、本土での試合です。 今日の個人戦で得たものを明日の試合に活かしてもらいたいです。

スキ
4

出雲地区大会 2日目(5/12)

出雲地区ソフトテニス大会 2日目、[団体戦]が行われました。   海士中学校からは女子チームが出場しています。 残念ながら、結果は1回戦敗退。 力が発揮できたところと、発揮できなかったところが試合の中だけでなく、様々な場面であったようです。 いずれにしても、久しぶりの公式戦に参加して、自分たちの現状を知ることができたと思います。 しっかり振り返りを行い、次の練習に活かしていってほしいです。

スキ
2

年度はじめのご挨拶で各地区に

みなさんこんにちは。 大人の島体験生として海士町教育委員会にインターン中の名取彩雲(なとりあやも)です。 5月初旬、海士町教育委員会の職員の方と共に、各地区へのご挨拶に伺いました。   海士町の「地区」とは? 海士町は、一島一町制で、中ノ島という島まるごとが海士町です。全部で14の地区があります。 これらの地区は、北の方が「海士方(あまがた)」、南の方が「上方(うえがた)」とまとめて呼ばれます。地区ごとに公民館があり、各地区に区長さんと公民館長さんがいて、地区の中や

スキ
12

出雲地区大会出発(5/10)

出雲地区ソフトテニス大会に向けて、男女ソフトテニスの選手が出発しました。 ※5月11日個人戦、5月12日団体戦が開催予定。 天気予報では雨が心配されていますが、昨年10月の新人戦以降、練習で培ってきたものを発揮してきてもらいたいです。

スキ
2

大切にしたいこと、あり方、生きやすい社会へ

(写真は海士で見つけた馬です。海士町には色んな動物がいて癒やされる。楽しい。) こんにちは。今の僕が大切にしたいことだったり、こんな風にできたら、なったらいいなあと思うことをゆるーく書いてみます。 大切にしたいこと 〇人を能力、やっていることで判断しない 〇存在、在り方を大切にする 〇頑張っている仲間を応援する 〇頑張っている人を応援する 〇すごくなくてもいい 〇夢は大きくなくてもいい、偉大でなくてもいい 〇夢は明確でなくてもいい 〇かっこよくなくてもいい、泥臭くていい

スキ
23

自転車で海士町1周!

自転車で海士町を一周するという夢を叶えてしまいました! 普通に自転車で1周すると約3時間とのこと。今回は、興味本意で、隅から隅まできれいに周ったのと、ちょうど折り返し地点となる”崎”という地区周辺でまさかのパンクをしたので5時間かかりました!笑 パンクについては後々語らせていただくことにして・・・笑 自転車で海士町を一周、控え目に言って最高でした。景色も、車から見る景色と一味違うし、臨場感のある海士町を堪能できました。多くの人にぜひ、自転車に乗って海士町の素晴らしさを体

スキ
14