マガジンのカバー画像

海士町みんなのnote

1,569
海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町で暮らし働いているみなさんや、移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町のみなさんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。 「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 それでは、「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんをご紹介します。 海士町の事業所や

R6/6/14/(金)海士町給食

こんにちは、けいごです!今日の海士町給食です😋 献立名・ごはん ・隠岐牛汁 ・イカのバター炒め ・ポテトサラダ ・ぶどう 材料(食品栄養素別)⚪︎体を作る赤の食品(タンパク質、カルシウム) ・牛乳、牛肉、味噌、イカ、ピッコロハム ⚪︎体の調子を良くする緑の食品(カロテン、ビタミンC) ・大根、にら、ズッキーニ、椎茸、玉ねぎ、グリーンピース、きゅうり、にんじん、ぶどう ⚪︎体のエネルギーとなる黄の食品(糖質、脂質) ・米、バター、ジャガイモ、マヨネーズ 感想 隠岐牛が

R6/6/13/(木)海士町給食

こんにちは、けいごです!今日の海士町給食です😋 献立名・ごはん ・しじみのすまし汁 ・ぶりの酢豚風 ・ドレッシングサラダ ・メロン ・牛乳 材料(食品栄養素別)⚪︎体を作る赤の食品(タンパク質、カルシウム) ・牛乳、しじみ、ブリ、チキンハム ⚪︎体の調子を良くする緑の食品(カロテン、ビタミンC) ・ねぎ、しょうが、玉ねぎ、にんじん、椎茸、たけのこ、ピーマン、パプリカ、きゅうり、キャベツ、紫キャベツ、メロン ⚪︎体のエネルギーとなる黄の食品(糖質、脂質) ・米、澱粉、油

ごとばんさんと田植え唄。ーーmini島民劇「新島守」6/15(土)13:45~@隠岐神社

島民劇実行委員会のみなさんからのイベント告知です✨ いよいよ明日は、海士町 初夏の音楽祭!隠岐神社創建85年を記念する「海士町 初夏の音楽祭」。 記念すべきイベントに、わたしたちmini島民劇も参加させていただくことになりました。 なんと今回は、これまでの公演を見て「島民劇をやってみたい!」と言ってくれた高校生と小学生を含む新しいメンバーが増え、子役も登場する台本に一部リニューアル! 子役たちが出演するシーンを追加し、更には新しい和歌も登場します。 そして今回は「音楽

2024年5月

一瞬で過ぎ去った五月。ほんまに一瞬やった。 魚、離島キッチン、まかない。 何をするにも考えることが多くて頭がぐるぐるグルグル回っていた1ヶ月だった。 魚この一ヶ月捌いたお魚の数はすごい多いと思う。数えとけばよかったなあ お魚屋さんになる練習をしてる気分だったくらい グラム、骨、形、出来上がった数。 どんなけ大量にやっていてもいーーーっぱい考えることがある。 骨一本見逃さない目と指の感覚。自分で骨があるかを二重チェックをしても、先生に最終チェックをしてもらうと骨が見つかる。

一本勝負

大敷で漁れた大きな鰤や鯛、沢山の鯵や飛魚、シマメなどを朝に仕入れて、ひたすら捌く日々。こうして贅沢に魚を扱えるのは、海と漁港が近くにあって、小中学校の給食に使われて食べてくれる人がいるから出来ること。恵まれた環境で学べていることに、とてもありがたみを感じている。 魚の命をいただくからには、絶対無駄にしない覚悟で臨むけれど、まだ先生のように鮮やかな包丁捌きを出来る程の技量はなく…三枚おろしでは骨に身を残し過ぎたり、梳き引きする時に、鰤のお腹に痛々しい切り傷を作ってしまったり…

早苗月のいろは

 春めいていた季節は夏に向かっている。大阪に住んでいた時は、ゴールデンウィークが過ぎたと思ったらすぐに真夏の日差しが照りつけていたのに、まだ少し肌寒く日差しもやわらかい。そんな季節のグラデーションを楽しむ日々。  5月は初めての離島キッチン、まかない担当や、地域の方の田んぼのお手伝いがあり、毎日が充実していた。気がついたらいつのまにか5月が終わっていたような感覚。 迷っていたけど日本料理を学びに寺子屋に来てよかった。と心から思う。 ◯魚をさばく  5月になると、毎日のよう

魚、魚、魚!

春の柔らかい日差しの中、野山を歩いて食材を探し、じっくりと包丁の基礎を練習する…穏やかだった4月から一転、5月は緊張感ある仕入や調理の実践が始まりました。朝8時集合の日も船が早めに帰ってきたと連絡が入ったら、ダッシュで校舎に向かってクーラーボックスを積んで大敷へ!朝ごはん中も臨戦態勢です。 * * * 私が島食の寺子屋で料理を学びたいと思った理由の一つは、自分で漁港に行き、魚を仕入れるところから経験できるということでした。前職は食品の宅配会社で、食材とレシピをお届けする献

R6/6/11/(火)海士町給食

こんにちは、けいごです!今日の海士町給食です😋 献立名・ごはん ・にらたまスープ ・アジのピザ焼き ・じゃがいものそぼろ煮 ・ぶどう ・牛乳 材料(食品栄養素別)⚪︎体を作る赤の食品(タンパク質、カルシウム) ・牛乳、卵、アジ、チーズ、鶏肉 ⚪︎体の調子を良くする緑の食品(カロテン、ビタミンC) ・玉ねぎ、椎茸、にんじん、ニラ、グリーンピース、ズッキーニ、ぶどう ⚪︎体のエネルギーとなる黄の食品(糖質、脂質) ・米、油、ジャガイモ、砂糖 感想 3日ぶりの給食だったの

ソフトボール大会in海士町

こんにちは、けいごです!先日のソフトボール大会の感想です✍️  現実に没頭して映えた写真は1枚も取れませんでしたが、本当にハッピーな一日でした!  90%雨予報から曇りに変わり、、雨天中止かもと思ってましたがずっと楽しみにしていたソフトボール大会を無事終わって直会も楽しめて良かったです。  準備や企画、運営してくださった教育委員会や審判の方ありがとうございました🙏  進撃の巨人という漫画に出てくるアルミンが、丘の上にある木に向かって走ったのが気持ちよくて、ああこのため

頑張れ自分

寺子屋に入学して2ヶ月ちょっと経った。 5月は4月とは違って主に魚を捌くのが授業の中心になって自分でもまた新たな学びにワクワク、と同時に自分に出来るのか、という不安に駆られ少し怖くなっていました。1番初めは確か鯛を先生がデモンストレーションで捌いてくれてそれを観て自分たちも捌くという形でした。今までの人生で魚を捌いたことは無く構造もよく知らない状態でした。よくそんな無知な状態で寺子屋に飛び込んできたなと自分でも感じる。 先生のデモンストレーションが終わりいざ自分で捌く時間に

5月「繋がる」

 新たな出会いに毎日幸せを感じた4月。たくさんの“初めて”を繰り返した。それは2か月を過ぎた今も同じ。次々と出会う人、自然、食材、文化に、新鮮な感動をもらい続けている。 2か月間の生活の中で、繰り返し関わりをもつことも増えている。積み重ねることで、点と点に散らばっていたことに繋がりを感じるようになった。    人のこと、自然のこと、食材のこと、自分のこと。繋がることで気付くこと、繋がることで味わえることがある。 【人と繋がる】  引っ越して2か月。これが本土のどこかだと

島食の寺子屋2024年 5月

5月のメインは魚‼ 5月に入り本格的に魚捌き漬けの日々が始まりました。                    4月末から始まって見えてきた課題、目標を各々決めつつ目の前の食材と毎日向き合いました。 私の課題は魚を捌き終わり、食材としての下処理が終わるまでの間、にありました。 去年していた捌きでは出来る限り骨だけを取り、あとはお客さんに任せる立場でしたが、今年は小魚 なら中骨まで抜き、渡す場合は血合いまで取るなどの下処理までし、グラム分けをするという 先の 工程がある

ことばにする習慣

最近めっきり自分の想いをことばにしていない。 日々いろんなことがあってたくさんの刺激に囲まれてる環境に身を置ける幸せ、心で感じたことが流れていかないように、久しぶりに。 大学を卒業して、生まれ育った東京を離れ、島根県隠岐諸島海士町で暮らしはじめて、2ヶ月が経った。 海士町にきたきっかけややりたいことは、いま働いている隠岐國学習センターのnoteに書いてるので、そちらを読んでくれたら嬉しい。 海士町での暮らし、ものすごく楽しい。 期待してなかったけど、想像を大きく越える