海士離れな島前高校生に突撃取材!!
見出し画像

海士離れな島前高校生に突撃取材!!

みなさんこんにちは🌞

隠岐島前高校 地域国際交流部です!
『海士離れな高校生に突撃取材‼』ということで、”記事を書いている私たち”の身近にいる、夏休みを謳歌しそうな島前高校生に夏休みの予定を聞いてみました!

※海士離れな高校生:夏休みで海士町を離れ、実家に帰省している高校生


隠岐島前高校の夏休み

画像1

まず、隠岐島前高校のちょっと変わった夏休みについて紹介したいと思います!

一般的な高校の夏季休業期間は、7月中旬から8月末までですが、隠岐島前高校は例年、7月の中旬から8月の中旬までが夏季休業期間(夏休み)とされています。これには、高校の一大行事である”体育祭・文化祭”が関係しています。

隠岐島前高校の体育祭・文化祭はなんと、夏休み明けの2,3週間の間に2日連続で行われます。理由としては、島外から来ている生徒の保護者さんが、できるだけ日程を合わせやすいようにするためです。

夏休み明けは体育祭・文化祭の準備の大詰めになるため、通常の高校よりも少し早く始まり、少し早く終わります。

夏休み中も隠岐島前高校ならではの特色があります!
まず、帰省するまでのわくわく感!

画像2


隠岐島前高校の島外生は、実家に帰るところから夏休みの大きな旅が始まります。

海士町から本土に行くためにフェリーに乗ったり、そこから新幹線、飛行機、バスに乗ったり、家までの道のりを1人で冒険します。ここから夏休みのわくわくを味わうことができます!

そして、生徒の中には地域の方のお家に泊まらせてもらったり、帰り道に友達の家を経由したりと、様々なアレンジをする人もたくさんいます!ただ帰省するだけではなく、新しい場所に飛び込む経験ができることも魅力のひとつです。

他にも、普段なかなか会えない家族や友達に会うことができたり、島前の夏と地元の夏を比べることができます!

ここからは実際に「高校生がどんな夏休みを送ろうと思っているのか」、「どんな夏休みを送っているのか」をお伝えします!


画像3

🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻

私の夏photo 01

記事制作とインタビュー:金山瑞

画像4

私の夏休みは、実家のお仕事(岡山県笠岡市にある真言宗の寺院)の手伝いをしています。私の家は寺院なので毎年お盆にはお墓掃除や施餓鬼供養法要という、檀家さんが集まってお寺で一緒に拝む行事の準備です。最近は、朝5時に起きて母とお墓掃除をしています。

他には期末テストでできなかったところを復習したり、部活(バスケットボール🏀)の基礎練習をしたりする予定です。部活の練習メニューであるハンドリングなど、家でできることを練習して、二学期には成長した姿で練習に参加したいと思っています。

また、家でゆっくりしながら自分の好きな漫画やアニメの鑑賞をしたり、オリンピック観戦をすることも楽しみです。

画像5

夏休みの予定が面白い高校生にインタビュー!🎤ヒトツナギ部に所属している1年生 梅木岳人くんの予定

画像6

1年生の梅木くんに、夏休みの予定を聞きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅木くん:僕は、ヒトツナギ部に所属しています。
ヒトツナギ部は、7月22日〜7月25日にヒトツナギの旅(島前高校の「ヒトツナギ部」が毎年夏休みに行っている、小中学生を対象とした隠岐諸島を回る旅企画)で隠岐の島に行きます!

それが終わったら地元に帰る予定だったのですが、5日間知夫村の*島親さんの家の庭でキャンプをさせてもらいます!すごい楽しみです!
その後、実家がある鹿児島に帰省して、1週間ほど地元の海辺で「ソロキャンプ」をしようと思ってます!食事も、魚を釣るところから自分で用意してやりくりするつもりです!

なぜソロキャンプをしようと思ったかというと、最近、「レゲエ」という音楽のジャンルにハマっていて、それを流しながら時間を忘れたいからです!😁

ソロキャンプが終わったあとは、NPO団体が農業大学の学生を対象に行っている、農業体験に参加し、トマトなどの野菜を育てたり、牛のお世話をしたりします!🐮

他にも、家族で遊園地に行ったり、山に登ったりする計画を立ててます!
どれも楽しみでワクワクしてます😁                        

*島親…隠岐島前高校の島留学生に地域と関わるきっかけとして、島前3町村の有志の方々が「島親さん」となり、島留学生一人につきひとり就いてくださるという制度

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても綿密な計画ですね笑
ものすごく面白そうです!

🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻


私の夏photo 02

記事制作とインタビュー:岡茉莉奈

画像7


この記事を書いている私は、海士町役場の人づくり特命担当課が主催の島前校生を対象としたインターン企画「ローカル探究」(大人の島留学生と一緒に同じ家で暮らしながら地域の方のお手伝いをするプロジェクト)に参加させていただくので、夏休みはずっと海士町にいます!

私は、役場の人づくり特命担当課や、半官半X特命担当課で仕事をさせてもらいつつ、ローカル探究に参加したメンバーと古民家でシェアハウスをします!今年の夏は、より成長した自分に出会えると思います!

画像8


夏休みは寂しくなっちゃう高校生にインタビュー!🎤神奈川県出身 1年生 成瀬 涼くん

画像9

画像10


1年生の成瀬くんに、夏休みの予定を聞きました。成瀬涼くんは、先ほども出てきました「ローカル探究」という海士町役場始動のプロジェクトに参加しています。

このプロジェクトに参加すると海士町にずっと滞在することになります。


◎なんで寂しいの?
成瀬くん:
今まで過ごしてきた夏休みとは大きく変化があるからです。
例えば、親に課題の状況を聞かれることがないことです。いつもは、”うるさいな~”と思っていましたが、いざその言葉がなくなってみると寂しさを感じます。親のいない夏休みは初めてなので、まだ慣れていません💧

◎夏休みが始まって1週間くらい経ちましたがどうですか?
成瀬くん:ローカル探究に参加して、地元(神奈川)では味わえないものが多いです。自然が近くにあるからこそ味わえる、今までとは違う”ザ・夏休み!”で寂しさを飛ばして絶賛夏休み満喫中です(笑)

◎寂しさは、いつ感じるの?
成瀬くん:
僕は、親から褒められることが好きで、よく自分がどんなことをしたのか報告して褒めてもらっていました。
しかし、今は親がいないため自分が頑張ったとしても直接褒められないので、そういう時に寂しさを感じます。

🌺インタビュアーから一言🌺
僕も、寮生活の中で家族に会えない寂しさを感じることがあります。夏休み帰れないことはめちゃくちゃ寂しいと思いますが友達や地域活動、などで寂しさを吹き飛ばして最高の夏休みにしてもらいたいです!


🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻

僕の夏photo 03

記事制作とインタビュー:上田敦生

僕の夏休みは、帰省する前に2日間島親さんのお家に行きました❗
牛のお手伝いをしたり、子供たちと遊んだりと楽しいことばかりでした。
帰省したあとは、家族でBBQをしました。
次は、青春18きっぷを使って青森県まで1人で行く予定です。
楽しみがいっぱいの夏休みです‼️

画像11

7月17日に隠岐の島町で地元の人に見守られながら放流されたウミガメのリブの写真です!


画像12


夏休み帰省したら何するの?
約1か月ある島前高校の夏休みをどう過ごすのか!匿名で3人の島前高校生にインタビューしました☘

画像13


▼兵庫県出身 K子ちゃん

◎帰省したら何をしますか?
K子ちゃん:
帰省したら絶対に料理します!この前はお好み焼きを作りました!寮ではなかなか料理ができないので帰省したときのお楽しみでした ✨
ほかにも、通っていた中学校に必ず行きます!3年間の思い出が詰まった中学校に行き、後輩とバスケを楽しんだり、お世話になった元担任の先生に元気な姿を見せたいと思います。

◎一番の楽しみはなんですか?
K子ちゃん:中学生の頃の部活の友達と焼肉を食べに行くことです!
地元の友達とのご飯は寮とはまた違った楽しみがあり、とても楽しみです♪

🌺インタビュアーから一言🌺
夏休みは点呼がないため、映画を夜遅くまで観まくる日々を過ごしているK子ちゃん。とても楽しそうですね♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼神奈川県出身 K美ちゃん
◎帰省したら何をしますか?
K美ちゃん:寮生活をしている間離れ離れだった、お家にいるペットと遊びます!5年前から一緒に暮らす愛犬と戯れて癒されたいです♪

◎どんな時間を大切に過ごしたいですか?
K美ちゃん:家族や地元の友達との時間を、大切に過ごしたいです!
地元では点呼の時間を気にせずにゆっくり過ごして、夜には庭で星を見ようと考えています🌟海士町の星も絶景です!

🌺インタビュアーから一言🌺
帰省すると時間がたくさん出来るので、何に使おうか考えるのが楽しみの一つになっているらしいです☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼東京都出身 A花ちゃん
◎帰省の楽しみは何ですか?
A花ちゃん:帰省の楽しみは、お母さんの手作りご飯を食べることです!特にお母さん特製のチャーハン楽しみです!

◎ほかには何をする予定ですか?
A花ちゃん:自分でご飯作りをする予定です !その日にクックパッドで検索して出てきた美味しそうなものにチャレンジします!

島ではできない買い物したり、地元の友達と遊んだりと、本土での生活を満喫する予定でいっぱいです!


🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻---🌻

私の夏photo 04 

記事制作:小林京胡

画像14

私は、今回は帰省せずに、(本編3度目)役場の企画のローカル探究というものに参加します!このプロジェクトに参加して、「仕事とはなんなのか」、「どんなものなのか」を知ることができたらいいなと思っています。
なかなかできない体験なので精一杯頑張りたいと思います!
''隠岐''でしかできないことをできるような夏休みにしたいです‼


画像15


いつも私たちの記事を読んでくださりありがとうございます!
”高校生の夏休み”インタビューをした私たちも刺激を受けるような魅力的な夏休みばかりでした!

改めて、2021年の夏休み、みなさんはどのようにお過ごしですか?✨
みなさんもぜひ!自分らしい素晴らしい夏休みを過ごしてください🌺🌴

画像16

写真・文:隠岐島前高校 地域国際交流部

この記事は、隠岐島前高校 地域国際交流部のみなさんが部活動の取り組みの中で書いてくださった記事です。


▼ 前回の記事はこちら



島との距離は離れても、気持ちはいつも近くに

海士町をスキになってくれてありがとう!
教育の魅力化など様々な取り組みを推し進める【挑戦の島】海士町。島根県隠岐諸島に位置し人口は約2,250人。海・山・田畑のそろった自給自足のできる半農半漁の島です。2011年に【ないものはない】宣言。https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/