見出し画像

海士らしく、みんなで、しゃばる。島一周神輿渡御【9/10土-11日】※地図つき

ないものはない 海士町公式 note

後鳥羽院顕彰事業実行委員会では、9月10日(土)~11日(日)、後鳥羽院遷幸八百年記念事業として、初めて「島一周神輿渡御」を行います。承久の乱で敗れた後鳥羽上皇が海士にお遷りになられてから800年を迎えたことを記念し、海士ご遷幸の伝承を再現します!

延期となった昨年につくられた動画


隠岐神社のご祭神である上皇のご神霊を神輿に遷し、船や陸路から島を一周、神輿を島民でつなぎ、3つの隠岐神社「初」に挑戦します。

一 全行程100㌔の巡幸路
二 1つのお祭りに複数地区の道中神楽参加
三 船渡御により上皇さまが全地区の氏神へのご挨拶
島一周神輿渡御のルート。2日間に分けて行われます。


心をひとつにし神輿をつなぎ、伝統文化も継承

承久の乱で敗れた後鳥羽上皇は、承久3年(1221)8月5日の夕刻、京都から遠く離れた海士の崎地区にご到着になりました。その夜は崎の三穂神社にお泊りになられ、翌日、船や陸路で行在所(現在の源福寺跡)にご到着されたと伝承されています。この伝承に基づいて、2日間かけ、海と陸から「島一周神輿渡御」を行います。


昔から島民は、後鳥羽上皇を「ごとばんさん」と親しみをこめてお呼びし、誇りに思ってきました。今回、島を一周する神輿渡御は上皇が島にお遷りになられてから800年にしておそらく初めて行うもので、大人だけでなく、園児から小・中・高校生も参加し、心をひとつにし、神輿をつなぎます。

また、町の伝統文化である各地区の道中神楽や民謡、ホーラエンヤも神輿渡御に花を添えます。

ホーラエンヤの練習の様子


「ホーラエンヤ」は豊田地区で伝わる大漁祈願の船渡御神事で、平成21年に行われてから13年ぶりに披露されます。


初日のルート:9月10日(土)12:30~17:30

区間A:隠岐神社~福井小(諏訪湾)

画像タップで拡大できます
■区間A:隠岐神社~福井小(諏訪湾)
出御祭(12:30~隠岐神社)

①隠岐神社-役場(13:00~13:40)
②役場-諏訪神社(13:40~14:00)
③諏訪神社-三好石油(14:00~14:25)
④三好石油-福井小前の海岸(14:25~14:40)-船渡御(15:25~)
乗船前に民謡と「ホーラエンヤ」披露(14:40~15:25)
 その後、神輿は船で崎地区へ向かいます


区間B:崎地区

画像タップで拡大できます
■区間B:崎地区
⑤崎港到着、上陸(16:35)-三穂神社(16:50~17:30)
奉祝行事として中良公園で餅投げ


2日目のルート:9月11日(日)10:00~17:15

区間C:崎地区

画像タップで拡大できます
■区間C:崎地区
出御祭(10:00~三穂神社)
①三穂神社-崎港(10:30~11:00)-船渡御(11:00~)
※神輿は船で崎地区から日ノ津港(西地区)へ向かいます


区間D:日ノ津港~隠岐神社

画像タップで拡大できます
■区間D:日ノ津港~隠岐神社
①日ノ津港到着、上陸(12:30)
上陸時、民謡披露、餅投げでお祝い(12:30~13:30)
②日ノ津港-西公民館(13:30~14:00)
③西公民館-海士中学校(14:00~14:45)
④海士中学校-役場(14:45~15:45)
役場前で民謡披露(15:45~16:00)
 ご神霊を子ども神輿から隠岐神社の本神輿へお遷しします
⑤役場-御火葬塚-隠岐神社(16:00~17:15)
還御祭、餅投げ(17:15~隠岐神社)


神楽や民謡、ホーラエンヤ、詩吟、餅投げをはじめ、見どころ・楽しみどころ満載のイベントになっています。ぜひご都合の合うタイミングでお越しくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

島との距離は離れても、気持ちはいつも近くに

ないものはない 海士町公式 note
「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/