見出し画像

「食」という分野で仕事をしてみたいけど、 まずは一歩目を踏み出してみようという方へ【大人の島留学「島食枠」募集開始 】

 海士町役場ひとづくり特命担当課が募集している、1年間限定就労型お試し移住制度「大人の島留学」と、島食の寺子屋が連携することとなりました。

 食というテーマで、島内の生産・加工・販売・プロモーションの現場にてフルタイムで働き、島食の寺子屋と連携しながら食の現場における現状課題の解決と、今後の「島食」の価値を再創造していくプロジェクトの募集となります。

「島内の各事業所の為に何ができるのか?」
「島食の価値を島外内で上げていく為のアクションとは?」
を日々考え、島食の寺子屋とともに行動に移し、結果を出していく人材の募集です。

 業務を遂行していく過程で、料理のスキルアップが必要となった場合は、
有償とはなりますが島食の寺子屋校舎で調理実習を受けることもできます。

 「食」という分野で仕事をしてみたいけど、まずは一歩目を踏み出してみようという方にお勧めの制度になります。


大人の島留学「島食枠」ご応募のながれ

①島食の寺子屋オンライン説明会申込フォームから問い合わせ


②一次審査
メールで顔写真付き履歴書の送付

③二次審査
島食の寺子屋・受入コーディネーターの恒光(ツネミツ)とオンラインで面談

④最終面接
実際に海士町に来島して、海士町役場担当者及び恒光による面接

※1次募集〆切:2021年1月29日17時まで。1次募集終了後に2次募集を開始し、同時にエントリーフォームの受付も開始予定です。1次募集で定員に達した場合、募集を締め切る場合があります。


【大人の島留学とは】

 大人の島留学は、島根県・隠岐島前地域(海士町・西ノ島町・知夫村)と、まちづくりやローカルキャリア、離島などに興味関心を持った国内外の若者たちとを繋ぐためのプロジェクトとして立ち上がりました。

 島という環境(地域)で挑戦してみたい若者を支援することで、人財が島に還流し続け、それによって島の魅力あるひと・活力あるしごとの創出に繋がることを目指しています。わたしたちは、島という環境(地域)で挑戦してみたい若者を応援しています。


この記事の求人情報について 

下記より転載しています


【海士町公式LINE】島との距離は離れても、 気持ちはいつも近くに

ありがとな~まめにしとっかえ?(元気にしてる?)
2
島根県隠岐諸島に位置する人口約2,250人の町、海士町。海・山・田畑のそろった自給自足のできる半農半漁の島です。2011年に【ないものはない】宣言。2015年に【隠岐ユネスコ世界ジオパーク】に認定されました。【教育の魅力化】をはじめ、様々な取り組みを推し進める【挑戦の島】です。