海士町みんなのnote

218
固定された記事
海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

17
「#離島にもっと若者の還流を」noteは生まれかわります!!

「#離島にもっと若者の還流を」noteは生まれかわります!!

こんにちは。大人の島留学生の清瀬りほです。大人の島留学・島体験の運営事務局で主に広報を行っています。 この度、大人の島留学noteは、「#離島にもっと若者の還流を」noteに生まれかわります!! 今までは、主に大人の島留学、島体験生の情報を掲載していましたが、これからは、隠岐島前地域で活動する若者の情報を発信していきます。 「#離島にもっと若者の還流を」ってなに? 「#離島にもっと若者の還流を」は、若者が離島で暮らすことを少しでも考えてみるために、島暮らしのリアルをお届

5
【島暮らし】島は一つの生き物という話

【島暮らし】島は一つの生き物という話

みなさんこんにちは! 海士町(あまちょう)ふるさと納税担当の松田です。 春が去って梅雨入りのニュースもつかの間 最近の海士町は晴れ渡っています。 今回は、ふるさと納税のお知らせや島事情の記事ではありません。 ふるさと納税担当として生きる松田がふと思ったコトとについてつらつらと書いていきます。 タイトル通り、島は一つの生き物なんだなと思うこといくつかありました。 本記事のボリュームは多くないので、さらっと読んでみてください。 島に移住して初めての梅雨。 快晴。 海

7
【5月のオープンアイランド】人と人とがつながっていく体験を。

【5月のオープンアイランド】人と人とがつながっていく体験を。

5月22日(土)、23日(日)にオープンアイランドが行われました。 今回は島内に住む、主に大人の島留学生、島体験生が参加し、大人の島留学生である私も参加しました。初めての経験や、いろいろな方と携わる機会となった当日の様子をご紹介したいと思います! オープンアイランドとはオープンアイランドは、文字通り「島をひらく」ということで、「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトとしています。オープンアイランド実行委員会が主催しており、 テーマは「観光から『関係』へ」 島の

11
海士町に約3年半住んだ私が、移住を検討されるみなさんに伝えたいこと

海士町に約3年半住んだ私が、移住を検討されるみなさんに伝えたいこと

はじめに海士町の求人に関する記事を作成していく中で、求人情報だけでなく、海士町で働き、暮らすことをもっとイメージしやすくなっていただけたらと思い、私が移住した気持ちとともに海士町についてご紹介させていただきます。 島の様子をこまめに知って、離島だけれどもっと身近に感じてほしい、移住を悩まれている方の不安を減らしたい、なにより海士町の魅力を知っていただきたいです!! 私は、隠岐島前高校で3年間を過ごし、いろいろな経験をし、考え、たくさんの感情に出会いました。昨年(2020年

27
島で唯一のホテルがEntôに生まれ変わる。今こそ、静けさの中で、対話の中で、まっさらな自分に還る旅を。

島で唯一のホテルがEntôに生まれ変わる。今こそ、静けさの中で、対話の中で、まっさらな自分に還る旅を。

海士町の観光が大きな節目を迎えようとしています。島で唯一のホテルであるマリンポートホテル海士は、2021年7月1日にEntô(読み:エントウ)として生まれ変わります。 Entôは、隠岐ユネスコ世界ジオパークの拠点施設と島前カルデラの絶景をありのまま感じることができる宿泊施設の2つを併せ持つ複合施設です。「ない」ことにも価値を置いた、新しい豊かな旅を提供します。 Entôについては、今後数回に分けてご紹介していきたいと思います。記念すべき1回目は、Entô(株式会社海士)代

61
5月の海士町。特集:なりわい

5月の海士町。特集:なりわい

こんにちは。5月になり、たくさんの田んぼや畑に種が植えられたり、森の色がきれいな緑になったりと、自然が生き生きしはじめたように感じます。先日、友達の畑の雑草抜きをお手伝いし、農作業する気分を味わいました。大きく育てば野菜をくれるそうです。もうすでにうれしくてわくわくします。すくすく育ちますように。 それでは今月も、5月の海士町の様子をお届けします。 特集:なりわい島の求人をご紹介します。仕事として海士町に移住するだけでなく、自然に囲まれ、人の温かさに触れ、生活を大事にしな

18
6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その1)

6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その1)

オープンアイランドとは? 「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは6月の「島の当番」をご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! 6月の当番!(豊田地区コンビ)6月の当番、1組目は和泉ちをりさんと長松久美さんのコンビでお届けします。 「みんなのばっば」こと和泉ちをりさんは島宿「和泉荘」の女将。みんなから慕われる頼れる存在です。 和泉ちをり。海士町出身。島宿「和泉荘」の2代目の

13
6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その2)

6月のオープンアイランド、私たちが担当します!(その2)

オープンアイランドとは? 「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは6月の「島の当番」をご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! 6月の当番!(御波地区チーム) 6月の当番、2組目は井筒佳和さん、永原馨さん、新立みずきさんの御波チームでお届けします。 「御波」と書いてなんと読むかわかりますか? おんなみ? ごは? 正解は「みなみ」です。御波は文字通り島の南側にある集落です。

6
島に暮らす人と一緒につくる「また会いに行きたくなる2日間」 〜6月のオープンアイランド〜

島に暮らす人と一緒につくる「また会いに行きたくなる2日間」 〜6月のオープンアイランド〜

「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。6月に開催されるイベントについてご紹介します。 オープンアイランドとは?オープンアイランドとは、文字通り「島をひらく」ということ。ぜひ海士町へ来てください、と島をひらきます。新型コロナウイルスがなかなか落ち着かないこの状況で島をひらいていくことに多少の不安はあります。だからこそお互いに細心の注意を払いながらできる範囲でひらいていく。こんなときだからこそ、来島される方たちと共に創っていくような時

23
綱を引くより魚に引かれろ。景品総額18万円の釣り大会が開催されました。

綱を引くより魚に引かれろ。景品総額18万円の釣り大会が開催されました。

こんにちは。大人の島留学生、嘉根千花です。 4月11日(日)の第18回キンニャモニャセンター創業祭とあわせて開催された、海士町の釣り大会についてご紹介します! なんと賞金(総額18万ハーン)をかけた釣り大会!! ハーンとは海士町内で流通する地域通貨のことで、海士町のほとんどのお店で「円」の変わりに使うことができます。 この日は朝からイベント日和で、ポカポカと雲一つない晴天でした。 綱を引くより魚に引かれろ-釣り大会-とは 島の活気につながるほど特に盛り上がるイベント

17