マガジンのカバー画像

海士町みんなのnote

420
海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

#島体験

固定された記事

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

スキ
30

11人の足跡【島体験 最終報告会】

2021年10月~12月の3か月間、島前地域で働いていた11名の島体験生の活動が修了しました。 その3か月間の成果を発表する最終報告会が11月24日に行われ、受け入れ先の方々、島体験のメンバーたちに向けて、学びや気づき、今後について発表する舞台となりました。 ▼令和3年度島体験生にインタビューさせていただきました。 11人の学びと気づきとこれからと 2021年10月~12月の島体験生のみなさんは、島前地域にある役場の部署や事業所で働いていました。 この3ヶ月間で感じた

スキ
8

呼吸をするように人と関わって、生きるように働く【わたし、島で働く。】

こんにちは!「わたし、島で働く」の連載企画。 今回は島で唯一の公立塾である『隠岐國学習センター』で働いていた猪原 聖さんにお話を伺いました。 3カ月の島体験を通して、次は大人の島留学・島体験事務局スタッフとして働くことを決めた猪原さん。島体験で感じたことを「ありのまま」お話していただきました。 海士町に来て、就職活動をやめた。 もともと教育関係に興味があったという猪原さん。一昨年(2020年)の冬、岩ガキに関するアルバイトのために海士町に来島し、教育魅力化について関係者に

スキ
25

今までの経験を生かせる仕事【わたし、島で働く。】

こんにちは!「わたし、島で働く。」連載企画。 今回は、7-9月に島体験生として教育委員会と海士小学校で働く、長門 星汰さんにお話を伺いました! 様々な場所で働くこと 成長したい!という気持ちからインターンシップをずっと探していたところ、島前地域で行われている島体験を見つけた長門さん。 大学を休学して宮古島でリゾートバイトをしたりプログラミン教室やベンチャー企業でのインターンなど様々な経験をしていたそうです。 特に宮古島の生活が楽しかったことから、離島で働くことに興味を

スキ
9

自分の好きが確信に変わる【わたし、島で働く。】

こんにちは!「わたし、島で働く。」連載企画。今回は、海士町にある森のようちえん「お山の教室」と、Entôジオオフィスで働く、島体験生の栄口明日菜さんにお話を伺いました! 栄口さんはもともと自然と子どもが好きで、島体験に参画する前も自然や子どもに関わる活動に参加されていました。 島体験には様々な地域の活動に関わる中で、より長く深く地域に入りたいと思い参画を決め、自然と子どもを軸にお山の教室とEntôジオオフィスに所属し働いています。 ――――――――――――――――――――

スキ
14

島での暮らしを体験したい!〜3ヶ月の島体験を決めたワケ〜

 こんにちは、かぴばらです。  私は今年の10月から3ヶ月間、隠岐島の小さな町に住みながら島の魅力を味わうインターンに行きます。移住型長期インターンです。 なぜこれをやろうと思ったか、理由や経緯などつらつらと書いていきます。 よかったら最後まで読んでいってください。 [目次] ①このインターンを知るきっかけ ②やろうと決めた理由 ③行く前の、ワクワク ④やると決めてからの3ヶ月 ①このインターンを知るきっかけ  コロナ禍。旅行もなかなか行けずもどかしい思いをしていて、「せ

スキ
10

在り方を変えること【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 今回は連載企画「わたし、島で働く。」です。 人づくり特命担当課で働く村松いろはさんにお話を伺いました! 村松さんはコロナ禍で海外への留学が難しくなり、そのタイミングでご家族から島体験を紹介され参画することを決めました。 人づくり特命担当の仕事に魅力を感じ、大人の島留学・島体験の事務局として働いています。 お話を聞いた人:村松いろは(むらまつ いろは)さん 21歳(取材当時)。愛知県出身。名古屋の大学に通い、ご家族の紹介から島体験を知り、

スキ
21

人とのつながりで出来た島体験。

こんにちは!広報担当の清瀬です。 大人の島留学修了生特集第3弾!! 今回は2021年4月-6月の島体験に参画していた伊藤永遠さんにお話しを聞きました! 伊藤さんは大人の島留学生の友人に誘われ、大学を半年休学し島体験生として海士町役場環境整備課で働いていました。現在は3ヶ月の島体験期間を修了し、地元に戻り残りの休学期間を過ごしています。 以前、伊藤さんに行った「わたし、島で働く。」では仕事内容や仕事をするきっかけ、仕事を通して変化したことなどをお聞きしました。 伊藤さんの

スキ
22

自分の興味が海士につまってました。【わたし、島で働く。】

こんにちは! 連載企画「わたし、島で働く。」をお届けします! 今回は海士町役場 半官半X特命担当で働く中山 晋さんにお話を伺いました。中山さんはこれまで日本・世界中を訪れ、コミュニティについて学んでいました。 3ヶ月の「島体験」インターンシップでは、中山さん自身が「自給自足」というテーマを持ちながら、地域のあらゆる場所で業務を行っていました。 中山さんがなぜ島体験に参画したのか、海士町で暮らしてみて、気づきや学んだことをお話していただきました! お話を聞いた人:中山

スキ
15

将来の夢とは違っても。【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 連載企画「わたし、島で働く。」をお届けします! 今回は海士町中央図書館で働く坪井あかねさんにお話を伺いました。坪井さんはこれまで保健師を目指し進学し、勉強を続けていましたが、3ヶ月の「島体験」インターンシップでは、島の図書館の魅力に惹かれ勤務をしました。坪井さんがなぜ図書館で働いたのか、仕事に対してどう思っているのかをお話してもらいました! お話を聞いた人:坪井あかね(つぼい あかね)さん 20歳(取材当時)。静岡県出身。静岡県の大学に

スキ
17

海士町で自分の世界が広がりました。【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 今回は連載企画「わたし、島で働く。」です! 今回は海士町役場の環境整備課で住宅に関わる仕事をしている伊藤永遠さんにお話しを伺いました。 伊藤さんは島体験に参画することを決めていた友人に誘われて、自分も4年次の半年間を休学し参画することを決めました。自分の興味関心ではなく、「地域の人と関わりたい!」「課のムードメーカーになりたい!」という想いで、人と関わることの多い海士町役場の環境整備課を希望し、主に住宅関連の仕事に取り組んでいます。 お

スキ
11

仕事を通して在り方を見つめる【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 今回は連載企画「わたし、島で働く。」です! 今回は海士小学校で働く渡邊泰誠くんにお話を伺いました。 渡邊くんは以前一度海士町へ訪れた際に海士町のことが好きになり、また来たいと思い島体験への参画を決めました。そして将来の目標のために海士小学校を希望し、先生や児童のサポートを行っています。 お話を聞いた人:渡邊泰誠(わたなべ たいせい)くん 21歳(取材当時)。新潟県出身。新潟の大学に在学中。1度訪れた海士町にまた行きたいと思い、2021年

スキ
22

インターン日記④【本でデザインを考える~竹灯籠作り~】

だんだんと汗ばむ季節になってきました。 インターンを初めてそろそろ3カ月が経とうとしています。 図書館でインターンしている坪井です。 先日、後鳥羽院顕彰事業実行委員会が主催するものづくりワークショップに参加してきました。(企画したのは私と同じ島体験生) 島一周神輿御の道中、崎地区の港に飾る竹灯籠を作りました。 竹灯籠に描く絵を図書館にあるデザインの本や後鳥羽院の本から選びました。 紙をめくりながらデザインを考えるっていいなと思いました! この竹灯籠が9月に灯ると

スキ
9

島前地域でのお試し移住制度をご紹介!(大人の島留学・島体験)

地方に移住してみたい! でも、いきなり移住は不安! そんな方に向けて、お試し移住制度を実施しています! 新しい環境に行くのは不安ですよね。 そんな不安を吹き飛ばそうと、今回は「#離島にもっと若者の還流を」で行っているお試し移住制度の全体的な流れをご紹介します。 1.「大人の島留学」大人の島留学とは、国内外の若者たちへ向けた島根県隠岐島前地域での1年間のお試し移住制度です。 月に1回行われる研修の様子 今年度(2021年度)の大人の島留学生は22歳~24歳の14人

スキ
23

葛藤しながら進んだ3ヶ月。【わたし、島で働く。】

こんにちは!広報担当の清瀬です。 今回は連載企画「わたし、島で働く。」です。 今回は海士町役場半官半X課で働く金野翔太くんにお話しを伺いました。 金野くんはコロナ禍で留学が中止となり、日本でローカルな視点を得ようと島体験に参画しました。「自分がやってないことはなんでもやりたい」と4月にできたばかりの半官半X課を希望し、上司の方と半官半X課の立ち上げに取り組んでいます。 お話を聞いた人:金野翔太(こんの しょうた)くん 21歳(取材当時)。千葉県出身。横浜の大学に通い、4

スキ
16