マガジンのカバー画像

島で唯一のホテル×ジオパーク施設 Entô(エントウ)

27
「ないものはない」という新しい贅沢を提案する、日本初の本格的なジオホテル・Entô(エントウ)に関するマガジンです。Entô https://ento-oki.jp/
運営しているクリエイター

#隠岐

固定された記事

Entôに興味を持ってくださった方へ

Photo by Kentauros Yasunaga 島で唯一のホテル×ジオパーク施設「Entô(エントウ)」に関する情報が増えてきており、みなさんにぜひ見ていただきたい記事などをまとめました。じっくり読んでいただけるとうれしいです。 Entô掲載情報こちらに随時追記していきます。 2021.11.27 NIKKEI STYLE 2021.11.01 低空飛行 2021.08.29 Discover Japan 2021.08.04 Casa BRUTUS 2

スキ
19

TV「未来をつくる島ホテル」をご覧頂きました皆様へ。

島根県に浮かぶ隠岐諸島、海士町(あまちょう、と読みます!)にある泊まれるジオ拠点施設「Entô」を経営しております、青山敦士と申します。この度は、第31回JNN企画大賞 『未来をつくる島ホテル』をご覧いただき、Entôや海士町へのご興味・ご関心をお持ちいただき、誠にありがとうございます。せっかくのこの機会を通じて、よりこの島のことや、Entôのことを知って頂けると、とっても嬉しいです。 ※TVerにて1週間見逃し配信があります。ぜひご覧ください。https://tver.j

スキ
508

未来をつくる島ホテル(1/15 TBS系列28局放送→1/22までTVer視聴できます!)

見損ねてしまった方は、TVerから視聴できます!!(1/15追記)TV「未来をつくる島ホテル」をご覧頂きました皆様へ。(1/15追記)Entô(エントウ)代表の青山さんが想いを綴られています。 番組ないで紹介のあったヒトツナギ部に関する記事もぜひご覧ください!   ••••• いよいよ明日(1月15日)の16時から、島で唯一のホテル×ジオパーク施設 Entô(エントウ)のことが、「未来をつくる島ホテル」という番組で放送されます! "ないものはない"島 島根県 海士町

スキ
24

ご縁の2021年。芽を育む2022年。

新年明けましておめでとうございます。 自分の自覚以上に走り続けることになった2021年。年末までありがたくバタバタさせてもらったんですが、新年を迎えた元旦に、意を決して人生で初めて昼から1人で日本酒を味わってみたところ、たまらない幸福感を覚えてしまいました。そのうえで、本当に文字通りのんびりと2021年を振り返ってみると、それは濃密な1年間だったなぁと自覚しました。ほろ苦い課題も含めて少しここで振り返ってみたいなぁと思います。 本文の前に1つお知らせが。この投稿の最後にも

スキ
142

島で唯一のホテルがEntôに生まれ変わる。今こそ、静けさの中で、対話の中で、まっさらな自分に還る旅を。

海士町の観光が大きな節目を迎えようとしています。島で唯一のホテルであるマリンポートホテル海士は、2021年7月1日にEntô(読み:エントウ)として生まれ変わります。 Entôは、隠岐ユネスコ世界ジオパークの拠点施設と島前カルデラの絶景をありのまま感じることができる宿泊施設の2つを併せ持つ複合施設です。「ない」ことにも価値を置いた、新しい豊かな旅を提供します。 Entôについては、今後数回に分けてご紹介していきたいと思います。記念すべき1回目は、Entô(株式会社海士)代

スキ
128

柔らかく尖りながら、前へ進む。_Entô開業プレスイベントに参加して

動くひと、会社、地域、 挑戦するひと、会社、地域には、その熱量に巻き込まれて色んなものが集まってくる。 人だったり、情報だったり、チャンスだったり。 また、そういうひと同士や会社同士、ときには地域間も互いに引き寄せ合う。 そして、そこからは新しいものが生まれる。 その日も、そんなことを実感する機会に立ち会った。 以前から、しごとのつながりでお付き合いがある島根県本土から離れた隠岐諸島。海士町にある、とあるホテルが新たなスタートをきる。 そのお披露目プレスイベントが東京で開催

スキ
26