マガジンのカバー画像

半官半X

21
半官半Xとは、『官』として役場の業務に従事しながら、『X』として自分の「好き」や「得意」を地域に還元する海士町独自の働き方です。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

これまで取り組んできたことを次の世代へ紡いでいくー半官半Xという働き方

2021年より、海士町役場に新しく発足した半官半X特命担当。当時は5名の組織でしたが、今年度は17名(内、令和4年度の新規採用は11名)体制になり、新たに半官半Xが動き出しました。 今回は、海士町役場独自の取り組みである半官半Xについて、まるごとご紹介していきます! 自分の「好き」や「得意」を地域に還元するこれまでの海士町では、「官」と「民」とが連携をしながら、島のファンを増やすべく「まちづくり」に挑戦してきました。 しかし、昨今の急速な時代の変化とともに、地方課題は深

スキ
14

離島生活6ヶ月生、半官半X6ヶ月生

海士町6ヶ月目海士町に来て早くも半年以上が経過しました。 ざっくりまとめると楽しい日々をすごしています! 最初は知らない事・人・物だらけだったのでなにもかもが新鮮でしたが、最近はその新鮮さが薄れてきました・・・💦慣れてきたってことにしときます!笑 海士町がかかげる”ないもはない” 本当にないものも多いです。でも、”ないものはない”からこその気づきがありました。それは必要最低限しかないため、時間がその分あるということ。 今までは、スーパーやショッピングモールに行くと様々なお

スキ
8

互いの等身大をモットーに。キャンプ採用の醍醐味。

海士町役場では、海士町の次の 10 年を共創する新しい仲間を募集し、「令和4年度 海士町正規職員キャンプ採用枠試験」への公募を開始しています。 昨年度から始まったキャンプ採用試験。導入した1番の目的は、会話をして、お互いのことを知るということ。素の自分を出しあうことで、お互いに確かめあいながら、役場の雰囲気を知っていただければと思っています。 そこで前回は、キャンプ採用試験を導入した理由や詳細について、人づくり特命担当課長の濱中さんにお聞きしました。   今回は、昨年度

スキ
20

火を囲んでみんなで語らう、キャンプ採用試験を実施します。

海士町役場では、海士町の次の 10 年を共創する新しい仲間を募集し、「令和4年度 海士町正規職員キャンプ採用枠試験」への公募を開始しています! この採用試験の特徴は、1次試験でキャンプをするということ。行政の正規職員の採用試験が「キャンプ」というのは、おそらく日本全国初めてのことではないでしょうか。   挑戦したい人のためのステージ海士町の次の10年を共創するため、海士町職員が「官」という立場にとらわれない自由な発想と、それを仲間と共に実現していく実行力を活かしていけるよ

スキ
34

7月の海士町 特集:半官半X

梅雨も明け、海士町のベストシーズンの夏がやってきました! 海の透明度も増し、キラキラと輝いています。 これからの時期、マリンアクティビティを楽しめるのも隠岐の魅力の一つです☺ ご来島の際にはぜひ隠岐の海をお楽しみください! それでは7月の海士町をお届けします! 特集:半官半X 2021年より海士町役場に新しく発足した半官半X特命担当。 半官半Xという働き方には、役場職員自らが地域の担い手になること、自分の「好き」や「得意」を地域に還元すること、の大きく2つの特徴がありま

スキ
21

半官半X活動~保健福祉の魅力~

こんにちは!半官半X特命担当の根岸(ねぎし)です。 私は今、看護師・保健師の資格を生かして、福祉施設や役場の健康福祉課の中で、町がもっと元気になるために活動しています。 約3か月、活動の中で感じる、ここでの魅力ややりがいについて紹介します。 近年コロナ禍で大きく影響を受ける医療福祉の現場ですが、ほっこりと関心をもっていただけると嬉しいです。 自己紹介半官半Xの働き方については、こちらをご覧ください。 高齢者住宅・デイサービス「福来の里」福来の里とは 「社会福祉法人だんだ

スキ
30

Vol.33 半X活動報告~隠岐潮風ファーム

今回は、半X活動で隠岐潮風ファームの現場に行ってきました! 半官半Xとは? 『自分の”好き””得意””興味”を活かして海士町に還元する』新しい働き方の概念。 私は、1次産業に興味・関心があったので、隠岐潮風ファームの現場に行かせていただきました。 隠岐潮風ファームとは? 私が感じた潮風ファーム 普段、海士町で放牧されている牛を柵の外から見ることはありましたが、実際に牛舎に入ったり牛に触れたりしたのは初めてだったので何もかもが新鮮でした。命と向き合うことの大変さや、お

スキ
6

Vol.32 半X活動報告~定置網~大敷の魅力!

半官半X活動報告をさせていただきます! 半官半Xとは? 『自分の”好き””得意””興味”を海士町に還元する』新しい働き方の概念です。 そこで、今回私は、興味・関心があった、海士町では【大敷】の名前で親しまれている定置網漁の現場に同行させていただきました! 大型定置網漁とは? 定置網漁とは、魚を獲るために大きな網を仕掛ける漁のことです。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください! 大敷の魅力 大敷で働いている漁師さんがとにかく素敵!ってことをまずは伝えたいです。1人ずつ

スキ
5

Vol.30 半官半X活動報告

今回は、島のほけんしつにご協力いただき、半官半X職員でクロモジの採取&アロマの精油を体験させていただきました! 普段は各課に散らばり役場で仕事をしている半官半X職員ですが、この日は役場から飛び出し、現場に足を運び実際に作業をすることで、現場の課題や新たな発見をしてきました! 「福来茶は知っているけど、実際の木は見たことがない」 「ずっと海士町に住んでいるけどクロモジ採取はしたことがない」 「アロマってどうやって作るの?」 「半X活動をとりあえず、やってみたい!」 それぞ

スキ
8

Vol.29 半官半X課~屋外ミーティング~

半官半X職員で、レインボービーチ清掃を行いました! 半官半Xってなに!?って方はこちらをご参照ください! 今回は、清掃が目的ではなく、交流が目的。 半官半X職員は、兼務の方がほとんどで、普段はバラバラのデスクにいるため、中々顔を合わせる機会がなく、同じ半官半X課という名前が付いていても実際にはあまり絡みがないことも・・・普段は違うデスクにいても、横のつながりも大切にしながら様々な視点でコラボして、それぞれの、好き、得意を活かしながら海士町に還元していきたい!という想いか

スキ
10

【Vol.24】日本初!【半官半X】のリアルな1週間①

半官半Xという面白い名前の部署に就職してから早くも2週間が経過しました。今日は、そんな日本初の働き方改革を試みる”半官半X”のリアルな仕事内容について紹介していきます! ※半官半Xとは?と思った方は、こちらをご覧ください↓↓ みなさん牡蠣はお好きですか? 温暖な隠岐の海域で、3年の歳月をかけて育てたブランド岩牡蠣「春香」をご存じですか? 私は、海士町にブランド牡蠣があることを、海士町に来てから、知りましたw 牡蠣は別名、「海のミルク」として親しまれていますが、海士町ブ

スキ
5

令和4年度 第1回 海士町職員採用試験

海士町では一般行政事務(地域の担い手業務(半官半X))・土木事務・保健師を募集します。 みなさまからのご応募、心よりお待ちしています。 地域の担い手業務(半官半X)とは役場職員が庁舎内で公務員としての仕事(官)だけでなく、現場に足を運び、町民とともに様々な仕事(X)をし、語り合う中で現場の課題を一緒に解決する力を身に着けていくことを目的とした働き方です。海士町役場では令和3年の4月から半官半X特命担当を配置しています。 様々な職場を経験することで役場職員も地域の担い手(自

スキ
14

官と民から水産業を知る【わたし、島で働く。】

こんにちは!「わたし、島で働く。」連載企画。 今回は、10月~12月に島体験生として海士町役場 半官半X特命担当で働く竹内 勇飛さんにお話を伺いました。 竹内さんは、4月~6月の島体験生だった伊藤永遠さんから島体験について話を聞き、島ならではの生活に惹かれ、島体験に参画されました。 ▼伊藤永遠さんの「わたし、島で働く。」はこちら 役場と現場の両方から水産業を知る 海や魚が大好きで、毎日のように釣りにでかけていた竹内さん。一方で日本全体の魚の消費は年々減少していることを知

スキ
12

大学で学んだことを活かしながら、0から1を作る【わたし、島で働く。】

こんにちは!「わたし、島で働く。」連載企画。 今回は、7月~9月の島体験生として半官半X特命担当で働く樋口 加奈さんにお話を伺いました! 樋口さんは、同じく7月からの島体験生の紹介で島体験を知り、一生覚えていられるような3か月を過ごしたいという思いで、島体験に参画されました。 3か月間の仕事内容 樋口さんは3か月間の働き先を決める中で、色々なものを体験できること、そして大学で学んでいる法制度を活かせる半官半X特命担当(以下 半官半X)に興味を持たれました。 大学では判例

スキ
13