海士町おすすめnote

29
「#離島にもっと若者の還流を」noteは生まれかわります!!

「#離島にもっと若者の還流を」noteは生まれかわります!!

こんにちは。大人の島留学生の清瀬りほです。大人の島留学・島体験の運営事務局で主に広報を行っています。 この度、大人の島留学noteは、「#離島にもっと若者の還流を」noteに生まれかわります!! 今までは、主に大人の島留学、島体験生の情報を掲載していましたが、これからは、隠岐島前地域で活動する若者の情報を発信していきます。 「#離島にもっと若者の還流を」ってなに? 「#離島にもっと若者の還流を」は、若者が離島で暮らすことを少しでも考えてみるために、島暮らしのリアルをお届

5
【島民インタビュー】ごきげんさんが集う「島民のたまり場」に行ってみた

【島民インタビュー】ごきげんさんが集う「島民のたまり場」に行ってみた

こんにちは!海士町ふるさと納税担当です! 海士町も例年より早めの梅雨入りとなりました。 体調も悪くなりがちなこの時期、海士町には海士町の自然を活かした心身の癒し方があります。 今回は皆様に海士町の’’ほけんしつ’’をご紹介いたします! 「島のほけんしつ 蔵」におじゃまし、アロマセラピストの島根輝美さんにお話を伺いました。 こちらでは、クレイやアロマを使用したケア、カウンセリング、アロマ商品の販売などを行っております。 港の真ん前にある昔からあった蔵を使った建物です。 元

18
島で唯一のホテルがEntôに生まれ変わる。今こそ、静けさの中で、対話の中で、まっさらな自分に還る旅を。

島で唯一のホテルがEntôに生まれ変わる。今こそ、静けさの中で、対話の中で、まっさらな自分に還る旅を。

海士町の観光が大きな節目を迎えようとしています。島で唯一のホテルであるマリンポートホテル海士は、2021年7月1日にEntô(読み:エントウ)として生まれ変わります。 Entôは、隠岐ユネスコ世界ジオパークの拠点施設と島前カルデラの絶景をありのまま感じることができる宿泊施設の2つを併せ持つ複合施設です。「ない」ことにも価値を置いた、新しい豊かな旅を提供します。 Entôについては、今後数回に分けてご紹介していきたいと思います。記念すべき1回目は、Entô(株式会社海士)代

61
はじめまして、デザインということ

はじめまして、デザインということ

はじめまして。note初投稿、何から書こうか考えながら書いている、ミナミタカヒロと申します。現在は島根県の離島、海士町というところに住んでいて、広告制作を中心としたデザインやアートディレクションなどをしています。 僕は書くことが本職ではないし、noteはやSNSは気軽にどんどん書けばいいというようなHow Toもあるのですが、それでもやっぱり、表現者(クリエーター)として何か表現すること、さらに1回目って大事な気がしていて筆が進みませんでした。。 普通に自己紹介から入ろう

28
海士町の福祉ツアーに行ってきた感想

海士町の福祉ツアーに行ってきた感想

2泊3日のUBDOBE主催福祉留学お試しツアーに行ってきました。 簡単なまとめを書いてみました。 ウブドベとは? うぶどべは、医療福祉について、めちゃ面白く発信したり、イベントや新しい取り組みで親しみやすくしてくれている異色の団体です。 例えばこんなこと→医療福祉をテーマにしたクラブイベント「ソーシャルファンク」  子供や知的障害者が楽しんでリハビリを出来るようにする「デジリハ」  限界地域と福祉人材をマッチングする「福祉留学」 海士町の簡単な説明 海士町は島

7
まさかの「島と島が手を結ぶ」が実現。全国の離島が加盟できる「離島百貨店」プラットフォームとは?

まさかの「島と島が手を結ぶ」が実現。全国の離島が加盟できる「離島百貨店」プラットフォームとは?

こんにちは、甲斐かおりです。 私は、地域をフィールドにした個人、企業、行政の取り組みを取材し、雑誌やウェブで書いているライターです。この連載では、リ・パブリックの内田友紀さんとともに『社会システムDIY』をキーワードに、地域やまちづくりに関わるちょっと新しくて面白いしくみをご紹介しています。 今回紹介するのは、離島同士が束になって力を発揮する「離島百貨店」の取り組み。 離島では、高齢化に伴う担い手不足、産業の衰退が急速に進んでいます。本土に比べて、物品の輸送コストや輸送時

21
海士の島旅へ!『リモートトリップ第2弾』参加レポート

海士の島旅へ!『リモートトリップ第2弾』参加レポート

『リモートトリップ第2弾 海士町ブランド岩牡蠣「春香」と、冷凍もずく』編 参加した経緯は、もともと隠岐諸島や海士町(あまちょう)に興味があり色々と眺めていました。そんな中で同僚が隠岐を訪れたり、知人が転職で隠岐に行く予定と聞いたり、少しずつ縁が近づいてきているかな~と思っていた時に、facebookでたまたま見つけたのがこのイベント。 旅行企画・実施は、株式会社島ファクトリーさん。 海士町とは 海士町と言えば、町のキャッチフレーズ『ないものはない』が有名。 何年か前にS

3