ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

マガジン

  • 海士町みんなのnote

    • 876本

    海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

  • 島前(どうぜん)note

    • 52本

    隠岐島前ってどんなところ? 祭、イベント行事、ちょっとした出来事など幅広いジャンルの記事をまとめています! 海士町・西ノ島町・知夫村での“リアルな暮らし”が垣間見え、移住前、旅行前の疑問も解決するかもしれません!

  • 海士町教育委員会

    • 127本

    海士町教育委員会や海士町の学校教育に関する情報をまとめたマガジンです。

リンク

ウィジェット

ストア

  • 商品の画像

    【ご家族・ご友人と】農薬不使用!旬のお野菜 8~10種類+平飼い卵のセット<3~4名様分>◆Muller's Farm◆

    農薬不使用、島で生まれた旬のお野菜と新鮮な卵をお得なセットで!島の大人気農場ムラーズファーム厳選、その朝収穫された季節のお野菜と平飼い卵をお届けします!【ムラーズファーム】島の農場ムラーズファームを経営するのは、ドイツ出身のフランク・ムラーさん。農薬を一切使わない有機栽培で、人にも自然にも優しい野菜作りに取り組んでいます。2014年、ムラーさんは湾を見下ろす高台にある荒れ地を1人で開墾しました。水道も電気も通じない土地で始まった農場では、いまや80羽の鶏やヤギがいきいきと暮らし、みずみずしい西洋野菜を中心にたくさんの作物が育てられています。自然との共生、そして人に優しい食材作りを追求するムラーさんは、生産のプロセスにこだわります。鶏が口にするのは島の恵みであるイワガキやサザエのカキ殻。そしてその餌を食べた鶏のふんを野菜の肥料に活用し、育った野菜のくずは再び鶏の餌へ。自然の恵みが織りなす循環から多彩な食材を生み、食卓へとお届けしています。味と新鮮さ、そして安心・安全な野菜や鶏卵を求める人が全国から訪れるなど、知る人ぞ知る島の人気農家です。【旬の野菜詰め合わせ】ムラーさん厳選、季節のとれたてお野菜8~10種と朝どり卵を詰め合わせたお得なセットです!自然の中で優しく育てられたお野菜と鶏から恵まれた卵で、暖かい食事の時間をお過ごしください。※その時の天候気候によって収穫量に差が出る場合がございます。あらかじめご了承ください。【商品内容】①季節の野菜詰め合わせ8~10種②平飼い有精卵6個パック<季節の野菜リスト>・夏季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、ベビーリーフ、カボチャ、ズッキーニ、トマト、ミニトマト、キュウリ、パプリカ、茄子、サツマイモ、スイカ、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、オクラ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー)・冬季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、リーフレタス、ベビーリーフ、カボチャ、チンゲン菜、小松菜、大根、白菜、高菜、水菜、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー、唐辛子)※上記野菜から8~10種お送りいたします。※季節や収穫状況によりお届けする野菜や種類数が変動いたします。あらかじめご了承くださいませ。【生産者】フランク・ムラー【配送方法】冷蔵
    ¥4,750
    島の直売所 しゃん山
  • 商品の画像

    【季節を味わう】冬のオーガニック野菜7~10種類セット<3~4名様分>◆Muller's Farm◆

    農薬不使用。島で生まれた旬のお野菜詰め合わせセットで、冬の食卓に彩りを。島の大人気農場ムラーズファーム厳選、季節のとれたて野菜をお届けします!【ムラーズファーム】島の農場ムラーズファームを経営するのは、ドイツ出身のフランク・ムラーさん。農薬を一切使わない有機栽培で、人にも自然にも優しい野菜作りに取り組んでいます。2014年、ムラーさんは湾を見下ろす高台にある荒れ地を1人で開墾しました。水道も電気も通じない土地で始まった農場では、いまや80羽の鶏やヤギがいきいきと暮らし、みずみずしい西洋野菜を中心にたくさんの作物が育てられています。自然との共生、そして人に優しい食材作りを追求するムラーさんは、生産のプロセスにこだわります。鶏が口にするのは島の恵みであるイワガキやサザエのカキ殻。そしてその餌を食べた鶏のふんを野菜の肥料に活用し、育った野菜のくずは再び鶏の餌へ。自然の恵みが織りなす循環から多彩な食材を生み、食卓へとお届けしています。味と新鮮さ、そして安心・安全な野菜や鶏卵を求める人が全国から訪れるなど、知る人ぞ知る島の人気農家です。【旬の野菜詰め合わせ】ムラーさん厳選、旬の朝どり野菜7~10種を詰め合わせました!農薬を使わず自然の中で優しく育てられたお野菜で、暖かい食事の時間をお楽しみください。※その時の天候気候によって収穫量に差が出る場合がございます。あらかじめご了承ください。【商品内容】季節の野菜詰め合わせ・冬季じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、レタス、リーフレタス、ベビーリーフ、カボチャ、チンゲン菜、小松菜、大根、白菜、高菜、水菜、ニンジン、ビート、カブ、ラディッシュ、ハーブ(パセリ、セロリ、タイム、ローズマリー、唐辛子)※上記リストから7-10種類の野菜を選び、お送りします。※天候や収穫状況によりお届けする野菜や種類数が変動いたします。あらかじめご了承くださいませ。【生産者】フランク・ムラー【配送方法】冷蔵
    ¥3,750
    島の直売所 しゃん山

記事一覧

Entôに興味を持ってくださった方へ

Photo by Kentauros Yasunaga 島で唯一のホテル×ジオパーク施設「Entô(エントウ)」に関する情報が増えてきており、みなさんにぜひ見ていただきたい記事などをまと…

11月の海士町 特集:海士町の催しもの

こんにちは。11月になり、本格的な冬が近づいてきましたね。 イチョウが色づき、足元が黄色いじゅうたんになっていました。 今月の海士町では、たくさんのイベントが行わ…

【11/19-21】第50回海士町産業文化祭 / 餅投げ計3回。オンラインイベントも!

こんばんは、海士町note担当です。 当日のご紹介になってしまいましたが、今日から開催されている、海士町産業文化祭についてお伝えさせてください。産業文化祭は島の文化…

書籍『進化思考』の授業が、将来の選択の助力になりました

2021年10月20日に、島で唯一の高校である隠岐島前高校で、『進化思考』の著者である太刀川英輔さんに講義をしていただきました。 『進化思考』を出版された「海士の風」は…

食べれるしゃもじ、踊れるサブレーができるまで。

海士町を代表するものと聞いて、みなさんはなにを思い浮かべますか? そのひとつに「キンニャモニャ」があります。 キンニャモニャは、海士町で古くから大切にされている…

ナマコ事業をきっかけに持続可能な漁業に切り替えていく

令和3年度、海士町未来共創基金では2つの事業が採択されました。なまこ漁師会さんの「ナマコとともに生きていく(ナマコ資源増殖支援事業 以下、ナマコ事業)」と宇野さ…

Entôに興味を持ってくださった方へ

Entôに興味を持ってくださった方へ

Photo by Kentauros Yasunaga

島で唯一のホテル×ジオパーク施設「Entô(エントウ)」に関する情報が増えてきており、みなさんにぜひ見ていただきたい記事などをまとめました。じっくり読んでいただけるとうれしいです。

Entô掲載情報こちらに随時追記していきます。

2022.07.26 【】TECTURE MAG

2022.05.23 Pen Online

 

20

もっとみる
11月の海士町 特集:海士町の催しもの

11月の海士町 特集:海士町の催しもの

こんにちは。11月になり、本格的な冬が近づいてきましたね。
イチョウが色づき、足元が黄色いじゅうたんになっていました。

今月の海士町では、たくさんのイベントが行われたので、「海士町の催しもの」を特集しています!それでは、今月の海士町をお届けします☺

特集:海士町の催しもの今月に海士町で行われたイベントをご紹介します!

・まるどマーケット
毎月第1土曜日に開催されている、まるどマーケット。今月

もっとみる
【11/19-21】第50回海士町産業文化祭 / 餅投げ計3回。オンラインイベントも!

【11/19-21】第50回海士町産業文化祭 / 餅投げ計3回。オンラインイベントも!

こんばんは、海士町note担当です。
当日のご紹介になってしまいましたが、今日から開催されている、海士町産業文化祭についてお伝えさせてください。産業文化祭は島の文化祭的なイベントで、今回で50回目になります!

 

当日の様子はこちら(※12月16日追記) 

🎉 第50回 産業文化祭(11/19-21)イベントチラシ

11/21(日)芸能祭プログラム

島民ホールで行われる芸能祭の【午後の

もっとみる
書籍『進化思考』の授業が、将来の選択の助力になりました

書籍『進化思考』の授業が、将来の選択の助力になりました

2021年10月20日に、島で唯一の高校である隠岐島前高校で、『進化思考』の著者である太刀川英輔さんに講義をしていただきました。

『進化思考』を出版された「海士の風」は、英治出版 株式会社の協力を得て、株式会社 風と土とが2019年2月に設立した出版社です。

進化思考を提唱した太刀川さんが、海士町に来島されたことから、隠岐島前高校の3年生に向けて授業をすることがとんとん拍子に決まったそうです。

もっとみる
食べれるしゃもじ、踊れるサブレーができるまで。

食べれるしゃもじ、踊れるサブレーができるまで。

海士町を代表するものと聞いて、みなさんはなにを思い浮かべますか?
そのひとつに「キンニャモニャ」があります。

キンニャモニャは、海士町で古くから大切にされている隠岐民謡の一つです。毎年8月に開催される町一番のお祭りのキンニャモニャ祭りでは、両手にしゃもじを持ち、新しく移住してきた人も、ずっと海士町で暮らしている人も、みんなで一緒に踊ります。

そんな島のアイデンティティでもあるしゃもじをモチーフ

もっとみる
ナマコ事業をきっかけに持続可能な漁業に切り替えていく

ナマコ事業をきっかけに持続可能な漁業に切り替えていく

令和3年度、海士町未来共創基金では2つの事業が採択されました。なまこ漁師会さんの「ナマコとともに生きていく(ナマコ資源増殖支援事業 以下、ナマコ事業)」と宇野さんの「海が好きになるマリンボート事業」です。

事業を提案された宮﨑さんと、事業を伴走者としてサポートする山下さんに、ナマコ事業を行うきっかけや経緯についてお聞きしました。

▼ 設立の経緯や基金についてはこちら

ーーーーー

ナマコが減

もっとみる