ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑…

ないものはない 海士町公式 note

「ないもの」はなくていい。大切なモノゴトはすべてここにある。島根県隠岐諸島に位置する挑戦の島、海士町(あまちょう)です。私たちの「島じゃ常識」を発信中! 2011年に「ないものはない」宣言 → https://naimonowanai.town.ama.shimane.jp/

マガジン

  • 海士町みんなのnote

    • 1,655本

    海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

  • 隠岐島前高校

    • 117本

    島根県立隠岐島前高等学校に関するおすすめの記事をまとめています。#隠岐島前高校 のタグなどで見つけたすてきな記事をご紹介しています。

  • 海士町教育委員会

    • 424本

    海士町教育委員会や海士町の学校教育に関する情報をまとめたマガジンです。

  • 海士人(あまじん)

    見どころ満載!島内で様々なことに挑戦されている海士町の「人」にフォーカスした記事をまとめました。

  • 海士町のふるさと納税 / 海士町未来共創基金

    • 71本

    海士町のふるさと納税と海士町未来共創基金(ふるさと納税を原資とした島の未来へつながる事業への投資と伴走)に関する記事を掲載しています

リンク

ウィジェット

記事一覧

村上家夜神楽に行ってきました!!👺

2024年6月22日 村上家資料館で 〜神楽に親しむ短夜〜 村上家夜神楽が開催されました。 歴史ある隠岐島前神楽を鑑賞。 本記事では村上家資料館で開催された隠岐島前神…

大人も子どもも親子でも!7/26㊎-7/28㊐ に、海士町の新しい役場に設置する家具づくりワークショップを開催!

今年の秋に完成予定の「海士町の新しい役場」では、新品ピカピカの家具を買うのではなく、使われなくなった椅子や島内の廃材を活用し、再生家具(リメイク家具)を配置しま…

普段は見れない?海士町民具館の漁具展へ!

海士町民具館。 なんと、期間限定で昔の漁具を展示しているということで、noteスタッフもいってみました。 漁具といったら、釣り竿とか漁網とかかな? そんなイメージを膨…

表現の軸は「ひと」にある。『アンアン』や『ポパイ』を手掛けたアートディレクターの半生。【海士町出身 新谷雅弘さん】

「ここで泳ぎを覚えてね。あそこに僕の実家があったんですよ。」 そう、気さくに答えてくださったのは海士町多井地区に住む新谷雅弘さん。 新谷さんは聞き馴染みもあるで…

現在建設中 海士町役場の内覧ツアーを開催しました。

2024年秋に、海士町の役場が生まれ変わります! 先日7月2日、建設が着々と進んでいる新庁舎の内覧ツアーを開催。 第1回となる内覧ツアーでは、役場のコンセプトやデザイン…

キンニャモニャと海士の夏祭りを未来に繋げるため クラウドファンディング型ふるさと納税を募ります!

1. はじめに私たちは、海士町役場の若手職員を中心とした有志のメンバーで構成した、海士町大感謝祭2024運営事務局です。昨年度から多くの方のご支援をいただき、「海士町…

村上家夜神楽に行ってきました!!👺

村上家夜神楽に行ってきました!!👺

2024年6月22日 村上家資料館で 〜神楽に親しむ短夜〜 村上家夜神楽が開催されました。

歴史ある隠岐島前神楽を鑑賞。

本記事では村上家資料館で開催された隠岐島前神楽・夜神楽当日の様子をお届けします。

●隠岐島前神楽とは島根県隠岐諸島の島前3島で行われている神楽です。
社家と呼ばれる神楽師が伝承してきた神楽で、隠岐島前では江戸時代まで5社家ありました。

明治時代は一般の人も舞うようになり

もっとみる
大人も子どもも親子でも!7/26㊎-7/28㊐ に、海士町の新しい役場に設置する家具づくりワークショップを開催!

大人も子どもも親子でも!7/26㊎-7/28㊐ に、海士町の新しい役場に設置する家具づくりワークショップを開催!

今年の秋に完成予定の「海士町の新しい役場」では、新品ピカピカの家具を買うのではなく、使われなくなった椅子や島内の廃材を活用し、再生家具(リメイク家具)を配置します。

今回、夏休みの工作イベントとして再生家具をつくるワークショップを7/26(金)~7/28(日) にあまマーレで開催することとなりました!

何十年と長く長く、多くの人が利用するみんなの役場だからこそ、子どもから大人まで海士町内のみな

もっとみる
普段は見れない?海士町民具館の漁具展へ!

普段は見れない?海士町民具館の漁具展へ!

海士町民具館。
なんと、期間限定で昔の漁具を展示しているということで、noteスタッフもいってみました。

漁具といったら、釣り竿とか漁網とかかな?
そんなイメージを膨らませながら、お邪魔します!

中に入ると、「あれ?これが漁具なの!?」
どれも、見たことない道具ばかりです。

今回、この展示会を企画したのは、JICA海外協力隊グローカルプログラム生として来島した、林さん。
海外に派遣される前の

もっとみる
表現の軸は「ひと」にある。『アンアン』や『ポパイ』を手掛けたアートディレクターの半生。【海士町出身 新谷雅弘さん】

表現の軸は「ひと」にある。『アンアン』や『ポパイ』を手掛けたアートディレクターの半生。【海士町出身 新谷雅弘さん】

「ここで泳ぎを覚えてね。あそこに僕の実家があったんですよ。」
そう、気さくに答えてくださったのは海士町多井地区に住む新谷雅弘さん。

新谷さんは聞き馴染みもあるであろう、『ポパイ』や『アンアン』、『オリーブ』といった名雑誌のデザインをしてきたアートディレクターだ。

6/28からは、新谷さんのしごとや手がけた雑誌を特集した展覧会が島根県立美術館で開催されている。

海士町で育ち、アートディレクター

もっとみる
現在建設中 海士町役場の内覧ツアーを開催しました。

現在建設中 海士町役場の内覧ツアーを開催しました。

2024年秋に、海士町の役場が生まれ変わります!
先日7月2日、建設が着々と進んでいる新庁舎の内覧ツアーを開催。

第1回となる内覧ツアーでは、役場のコンセプトやデザインについてのお話から、施工工事真っただ中の新庁舎内の見学を行いました。

今回はその内覧ツアーの様子をお届けします。

第1回 内覧ツアー

まずは総務課還流DX特命担当 五島さんより、
役場の空間コンセプトについて紹介。
新しい役

もっとみる
キンニャモニャと海士の夏祭りを未来に繋げるため クラウドファンディング型ふるさと納税を募ります!

キンニャモニャと海士の夏祭りを未来に繋げるため クラウドファンディング型ふるさと納税を募ります!

1. はじめに私たちは、海士町役場の若手職員を中心とした有志のメンバーで構成した、海士町大感謝祭2024運営事務局です。昨年度から多くの方のご支援をいただき、「海士町大感謝祭~老いも若きもキンニャモニャ~」として海士町の夏の祭りを続けることができていますが、担い手不足、物価高騰による開催経費の増加など祭りを取り巻く状況は厳しくなっております。

明治時代から続く海士町の民謡「キンニャモニャ」を持続

もっとみる